たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 兵頭二十八
  • 光人社 (2009年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769826132

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太田 述正
兵頭 二十八
兵頭 二十八
兵頭 二十八
有効な右矢印 無効な右矢印

たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

  • こういう方面の文庫があるんですね。全然知りませんでした。

    これは、幕末のガトリング砲から戦闘機・疾風の20ミリ機関砲まで、日本近代の自動火器の歴史をたどり開発技術者の苦労を描いた本で、それはどちらかというと、まったく何の役にも立たない知識です。

    ええっと、普段なんだかんだとケチをつけていますが、無駄な知識や技術習得もあながちまったく無駄という訳ではないと思います。

    現実的に絶望的なまでに無駄なことといえば、あることはありますが、たとえば私は大昔、反戦主義者ではありましたが、戦闘機が無性に好きで、零戦のコクピットを熟知し実際に搭乗すれば操縦も可能なまでのレベルに到達させました。

    ただ悲しいかな、よほどの大富豪にでもならない限り実際には実現不可能ですね。そして、銃器ですが、もちろん人を殺傷する道具で、本来なら核兵器と同じように存在そのものがナンセンスな代物なのですが、何故かこれもまた私に強く興味を抱かせてくれるのです。

    拳銃はもちろん、機関銃や小銃やバズーカとか、様々な銃器の構造や使用方法を熟知し実地に打てるようになること。本当なら、自衛隊にでも入って只で実践的にやるべきなのですが、それは今のところ遠慮して、でも、いざ何かあったときにスグ実際に使えるようになること。

    こんな風変わりな課題を持って何かをやるなんて、やっぱり変かな?

全1件中 1 - 1件を表示

たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

たんたんたたた―機関銃と近代日本 (光人社NF文庫)の単行本

ツイートする