謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 生出寿
  • 光人社 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769826255

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書・文庫  289.1||コダ

  • 児玉さんの生涯を描いたというよりも、児玉さんを幼少時から中心に描きつつ…という感じがしました。途中で著者の意見が書かれていたりするからかな。
    児玉さんだけじゃなく、周囲の人々の説明も入れてくれているので「この人誰だっけ…?」と忘れていた私にも優しいです(笑)

    それにしても、途中でソ連、千島列島の問題や自衛隊についての話に入ったりしてビックリしたのですが、元々はソ連解体前の昭和61年に書かれたものの文庫化のようで、だからか、当時のロシアとソ連とを重ねて当時の日本に今のままでいいのか、という警鐘を鳴らしているように思えます。今の日本はどうなんでしょう。そう思うと、今までなかったのに多少は関心を持つようになってきた…かも。

    それにしても、児玉さんがもし日露戦争直後に亡くなるようなことも無く、生きていらしたらどうなってたんだろう。戦争的にじゃなくて、政治的に。日本の立ち位置も違ってたんじゃないかなあ。
    そんなことを考えてしまいます。

全2件中 1 - 2件を表示

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする