ペリリュー島戦記―珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖 (光人社NF文庫)

  • 47人登録
  • 4.08評価
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : James H. Hallas  猿渡 青児 
  • 光人社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769826385

ペリリュー島戦記―珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料的制約からどうしても日本軍側の記述が薄くなるが、ペリリュー島における戦闘の全体的な経過を知る上では必須の文献だ。

    マッカーサーのフィリピン侵攻作戦が順調に進んだため、ペリリュー島は最前線から遙か後方に取り残され、同島攻略作戦の戦略的価値については当時から疑問視する声が多かった。しかし、日本軍が初めて正式に水際撃滅作戦を放棄し、縦深陣地による徹底抗戦を行ったという意味で、同島での戦闘は極めて大きな戦術的意義をもっている。

    この方針転換により、第14師団歩兵第2連隊を主力とするペリリュー島守備隊は、米第1海兵師団を戦闘不能になるまで消耗させ、米陸軍第81師団と交代するのやむなきに至らしめた。そして、米軍を大いに悩ませた「戦訓」が硫黄島守備隊、そして沖縄守備隊へと引き継がれていくのである。

    守備隊の組織的抵抗は1944年11月24日の「サクラ サクラ」打電により終結したが、驚くべきことに日本兵の抵抗は戦後になっても続いていた。1947年4月、ついに降伏を受け入れた日本兵たちは旧日本軍司令部前まで整然と行進し、海兵隊員たちが見守る中で軍刀と軍旗を差し出して投降したという。

    なお、スレッジ著『ペリリュー・沖縄戦記』は実に自然な日本語に翻訳されていたが、残念ながら本書の場合は日本語として気になる表現が目立った。翻訳の労を多とするが故に惜しまれてならない。

  • パラオなどを舞台とした作品です。

全2件中 1 - 2件を表示

ペリリュー島戦記―珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖 (光人社NF文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペリリュー島戦記―珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖 (光人社NF文庫)の作品紹介

原題の『悪魔の金床』とは、海兵隊員が金床の上で押し潰されるように消耗していく様を暗喩したもので、全編を通じてまさに生の現場を経験した者でしか描写し得ない、迫真の内容で構成されている。太平洋戦争の実戦経験者が鬼籍に入っていく中で、これだけ多くの、集大成的な証言集の資料的な価値は高いと考える。

ペリリュー島戦記―珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖 (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする