帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 渡邉直
  • 潮書房光人社 (2014年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769828198

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 部下を持つ立場となった人間はどう行動すべきか。戸惑いながらも仕事に邁進し、ひたむきに生きる一海上自衛官の物語。遠洋航海から帰り、思いも新たに初めて勤務した護衛艦で水雷士となった、三等海尉の一年間をつづり、着任から訓練、演習、そして転任まで、若手幹部が汗と涙で接した艦船勤務の日々を描く感動作。(親本は平成6年刊、2014年文庫化)
    ・プロローグ
    ・着任
    ・出港
    ・出会い
    ・呉という街
    ・年次修理
    ・個艦訓練
    ・友情
    ・群訓練
    ・ふれあい
    ・航空救難
    ・演習
    ・艦隊集合
    ・逆転
    ・離任

    本書は、新任水雷士の成長を描いた小説である。途中途中、大学時代の恋愛模様が回想されている。海上自衛官の日常生活も興味深く、小説としても、面白く読めた。

全1件中 1 - 1件を表示

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)の作品紹介

部下を持つ立場となった人間はどう行動すべきか。戸惑いながらも仕事に邁進し、ひたむきに生きる一海上自衛官の物語。遠洋航海から帰り、思いも新たに初めて勤務した護衛艦で水雷士となった、三等海尉の一年間をつづり、着任から訓練、演習、そして転任まで、若手幹部が汗と涙で接した艦船勤務の日々を描く感動作。

帽ふれ―小説新任水雷士 (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする