ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 広田厚司
  • 潮書房光人社 (2015年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769829102

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
みうら じゅん
スティーヴン ワ...
エリザベス グリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドイツ第三帝国「国民啓蒙宣伝省」の初代大臣を務めていたパウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels)博士と、シグナル,ヴァアハマト,アドラー等の雑誌や、ポスター,切手,ラジオ放送,映画,週刊ニュース,PK等がプロパガンダに果たした役割について書かれた書籍(2015/10/21発行)。

    本書は、当時のイラストポスターや写真資料などが多く掲載されており、内容も読み易く書かれています。 只一方で特別興味を引くような新たな事実も無く、誤認しているところもあり残念な部分もあります。
    このテーマでシグナル,ヴァアハマト,アドラー等のプロパガンダ誌にふれるにしては、内容の掘り下げが浅すぎるように感じました。 どうせならば和書では余り触れられていない、SSのPK「クルト・エッガース」について調査して欲しかったと思います。

    個人的には、それなりに興味深い内容の本でしたが、全体的に研究や調査が不十分であるように感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

広田厚司の作品一覧

広田厚司の作品ランキング・新刊情報

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)の作品紹介

宣伝省の中に政府がある…。全てのメディアを掌握した、プロパガンダの怪物の正体!15000人の職員を擁した世界最初にして、最大の『国民啓蒙宣伝省』-ヒトラー、ナチ幹部、国防軍、そして市民を従属させたその全貌を描く。

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする