レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 講談社インターナショナル (2001年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770025111

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああ無情の児童書の記憶しかなく、Fantineの部分が新鮮でした(映画も結局見ていないのです)。Jervertは救われたのか否か…。美しい心で往きたいなと心から願います。

  • トイックで良く問題文に使われていますね。レ・ミゼラブル。
    内容は、こんな感じです……
    貧しさのあまり、パンをひとつ盗んだために捕まったジャン・バルジャン。
    脱獄をしては捕まり、19年もの牢獄生活ののち、ようやく出所しましたが、
    友人のように一夜の食事と宿を提供してくれたミリエル司教の持ち物、
    大切な銀の燭台を盗んで逃げてしまいます。
    しかし司教は翌朝、警察に連れられてきたジャン・バルジャンを前にして、
    罪を問うことなく「彼にあげたものです」とかばってくれたのです。
    あたたかな心にふれたジャン・バルジャンがとった行動は?

  • 語数[] 
    【京都市の蔵書図書館】久我

  • お友達のおすすめの一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】に関連する談話室の質問

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】を本棚に「積読」で登録しているひと

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】の作品紹介

「明日」への希望を持ち続け、愛するコゼットのため、貧しい人たちのために、一生を捧げたジャン・バルジャンの感動の物語。

レ・ミゼラブル - Les Miserables【講談社英語文庫】はこんな本です

ツイートする