そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

  • 108人登録
  • 3.67評価
    • (10)
    • (14)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 講談社インターナショナル (1999年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770025470

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
東野 圭吾
ドストエフスキー
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックスの感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    謎のからくり自体は、使い古されていて目新しさはない。というか、この本が元になって、その後繰り返し使われたトリックやアイデアであり、そうした本をこれまで読んできたから、斬新さを感じなかった。が、それでもやはり、次はどうなるのかとハラハラ楽しく読めた。

    十数年前に購入し、何度もチャレンジしたものの、その度に10人が島に着く前のところで挫折していた。最近洋書の多読を始めたので、「今なら読める!」と思い、何とか読了した。
    英語のレベルはあまり高くないのだろうが、ルビが無いと意味がとれず、ストレスがたまってまた挫折したかもしれない。

    とりあえず、次は同じアガサ・クリスティーの"Murder on the Orient Express"にチャレンジしよう!

  • はじめて英語の本というのを一冊まるまる読んでみました。
    僕にとって、本書はいわゆる記念の書になるでしょう。

    英語を勉強しているから手に取り、全編、黙読ではなく、朗読で読み切りました。
    この本を読む前と読んだ後で、何が変わったのか。
    音読なので、発音とかそのへんが変わってくれていれば幸いです。

    全編朗読というのは決して簡単なことではありません。
    10ページ読むのに1時間くらいかかります。
    まして、英語初心者の僕なんか、意味を理解しながら読むのですから、もっと時間はかかります。

    それでも、1冊読み終えたという自信は、かなりつきます。
    読み終えることができたのも、アガサ・クリスティの小説がおもしろかったこと、難しい単語には、すぐ下に意味が書かれていたこと。

    なんせ、この本のおかげである、ということです。

  • 初めて英語で長編小説に挑戦!
    クローズドサークル、フーダニット、ハウダニット。王道ミステリ。度肝を抜かれる感じではなかったけど、感心。

  • 節ごとに日本語版を読んだ後にルビ訳版を読んでみた。訳の巧拙が分かるはずもないが、翻訳版にない表現に触れられるのがいい。最後の章はこのルビ訳の「肉筆原稿」の方がいい感じ。

  • YL:8.8
    語数:45400

  • ミステリな小説でみんないなくなったら困るじゃん、ハハハ。
    やっぱりアガサ・クリスティーはすごいなぁと思った一冊。

  • 語数[] 
    【京都市の蔵書図書館】下京

  • やっぱり名作。読み終わってぞっとする。

  • 中学までは推理モノにはまってました。アガサクリスティが好きだったー。これは代表作。

  • これはアガサ・クリステイの入門書ともいえる作品だと思います。
    最後の最後まで、犯人が解らない設定と、意外すぎる犯行手口が、当時中学生だった私には衝撃でした。
    私の初めて読んだ彼女の小説はこれてした。
    そして一番印象深く心に残っている作品です。

  • 言わずとしれたクリスティの代表作。孤島で次々と起こる殺人事件は、不気味な童謡「10人のインディアン」の歌詞にそっくりだった……。最初に読んだときは衝撃的でした。

全13件中 1 - 13件を表示

そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして誰もいなくなった [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックスはこんな本です

ツイートする