小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】

  • 55人登録
  • 3.71評価
    • (11)
    • (5)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : ウィニー ガイラー  アンシア ベル 
  • 講談社インターナショナル (2001年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770028846

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近、ワルプルギスの夜に触れる機会があって、
    つい手に取って読み返してしまった。

    主人公がおばあさんっていうのをときどき忘れる。
    でもそれがなんか新鮮でいい。

    ラスト、綺麗にまとまってるとは思うんだけど、
    なんとなく腑に落ちない感じがするのは何故だろう。

  • (2015-05-09)

  • この本に出会ったのは小学6年生くらいの時でした.
    ファンタジー・魔女・魔法といったジャンルがすでに好みであるのに加えて,主人公の日常の生活や,食べ物,お店の様子,お祭りの様子など,これまた私好みの描写が詳細になされていて,その場面を容易に想像でき,とてもおもしろい作品です.原作が読みたかったですがプロイスラーさんはドイツ人なので妥協して英語で・・・笑
    薄いし,子供向けの本なので読みやすいと思います.洋書読んで英語の勉強をしたいという中高生にはお勧めの一冊です.

  • YL:5.5
    語数:13000

  • 子供の頃、大好きだった絵本の英語版を見つけました。
    昔はよく読んでいたのに、かなり内容を忘れてしまっているため、思い出しがてら、音読してみることに。
    毎晩、数章ずつ読んでいきました。

    主人公の魔女は、127歳ですが、魔女にすればまだまだひよっこ。
    年に一度のワルプスギスの夜、ブロッケン山で催される魔女たちの祭りにも参加させてもらえません。
    禁を破って、こっそり宴に混ざった魔女は、別のいじわるな魔女、Aunt Rumpumpelに見つかって罰を与えられます。

    次の年の魔女会議で、ワルプスギスの夜に参加できる資格を勝ち取れるように、いい魔女になるべくあちこちで善行を施していく魔女。
    相棒のカラス、アブラクサスとのかけあいも軽妙です。
    アブラクサスという深遠な名前を、私は小学校に上がりたての頃から知っていたとは。
    登場する屋台の焼き栗(Spanish chestnuts)を、とても食べてみたかったことを、思い出しました。

    1年後の魔女会議に自信満々で臨む魔女ですが、「いい魔女」とは、「いい行いをする魔女」ではなく、「魔女らしい、悪い行いをする魔女」だったと知り、罰を与えられることに。
    確かに、妖精のようにいい行いばかりしていたので、およそ魔女らしくはありませんでした。

    うちひしがれた魔女が最後に思いついて、ほかの魔女たちに仕返しします。
    今読むと、(それはないんじゃない?)と思いますが、子供の頃はスカッと痛快に読み終えたものでした。

    各章ごとに違う人物が登場します。誰もが生き生きした描写をされており、まるで本から飛び出してきそう。
    翻訳版も質が高いもので、原文がもつ魅力をそのまま日本語版でも伝えてくれていたことがわかりました。
    といっても、作者はチェコ人なので、英語版もまた翻訳版ということですね。
    少し乱暴な感じのするイラストも、なじみ深いものです。

    久しぶりに、子供時代の愛読書と再会して、嬉しくなりました。
    こういう形で、既読の作品を原語もしくは他外国語で読んでいくのも、いいなと思います。

  • 小さい魔女が一人前の魔女になるために1年間、人間に「いいこと」をしていく。
    わがままでちょっと自分勝手な魔女が可愛らしい。
    あっといわせるクライマックスがいい。

  • 語数[] 
    【京都市の蔵書図書館】久我

  • かわいいんだよなぁ〜善良な魔女っこさん。

  • 魔女は金のようには魔法をつかっちゃいけないのです

    表紙の絵は、これクレヨンのガリガリだよな。大好きだった。ブロイスラーいい。

  • その魔女は127歳。魔女らしく、アブラクサスというネコと一緒に、小さなおうちに住んでいます。ずいぶんなおばあちゃんですが、魔女たちからしてみれば、まだまだ若者、ワルプルギスのお祭りにも参加させてはくれないのです。
    ワルプルギスの夜といえば、魔女にとっては大イベント。踊って、叫んで、大はしゃぎ。我慢できなくなった、小さい魔女は、こっそりお祭りに中に。でも、意地悪な魔女ルンプンペルに見つかってしまいます。さあ大変、小さい魔女は罰として、一年後に“いい魔女”になっていることを約束されてしまいます。

全11件中 1 - 10件を表示

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】を本棚に登録しているひと

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】を本棚に「積読」で登録しているひと

小さい魔女 - The Little Witch【講談社英語文庫】はこんな本です

ツイートする