ちびくろサンボ

  • 110人登録
  • 4.06評価
    • (15)
    • (9)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 23レビュー
制作 : フランク・ドビアス 
  • 径書房 (2008年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (41ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784770501998

ちびくろサンボの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■書名

    書名:ちびくろサンボ
    著者:ヘレン・バナーマン,
    イラスト:フランク・ドビアス

    ■概要

    むかしむかし、あるところに「ちびくろサンボ」という男の子がい
    ました。ちびくろサンボは、お父さんとお母さんに素敵な服をもら
    って、大喜び。ジャングルへ散歩にでかけました。すると、次々と
    トラが現れて……。そして、最後は、おいしそうな「トラのバター」
    で作ったホットケーキを169枚も食べて、めでたしめでたし。
    絶版になった名作・岩波書店版『ちびくろ・さんぼ』の原書を忠実
    に再現しました。
    (From amazon)

    ■感想

    懐かしいちびくろサンボです。
    小さいころ読んで、かなり虎がバターになるという部分がやけに
    印象に残っていました。

    今回読み返して思った部分は、記憶と少し違うな~という事です。

     ・虎が3匹ではなく、4匹だった
     ・さんぼは木に登らず、木の陰からトラを見ていた。

    私の認識では、虎が3匹で、サンボが木に登ったと認識していました。
    (絵本によっては上記のようになっているのかもしれません。)


    なんか、すごく不思議というか、シュールな絵本です。
    後半は特にシュールだな~と思います。

    でも、改めて読めてよかったです。
    絵本とは、不思議なお話しが多いです。

  • 月イチ絵本番外編。
    子供の頃に読んだ真っ赤な表紙のちびくろサンボとはイメージの違う絵本を本屋で発見。
    なんだこれは!と思ったらどうやらこれは原書の復刻版のような物らしい。
    非常に綺麗で心惹かれてしまったので購入。
    今月買う予定はなかったんだけど・・・我慢しきれずに購入。
    よい。
    とてもよい。
    本当はこんなに綺麗な絵本だったのね。
    印刷のズレなんかも忠実に再現されていてこれもまたよい。
    一時期絶版になっていたけれど復活されて本当に良かった。
    赤い表紙の方もこれまた読みたくなってきた。
    いやあ本当に面白い。

  • ちいさいころによく読んでたお話。
    絶版になってしまったけど、だいすき。

  • すばらしい色使い。心が一気に広がる色です。

  • 書店で平積みになっていたこの本。
    「あれ?ちびくろサンボって廃刊になったのでは?」
    ※ちびくろサンボ問題【Wikipedia】
    http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9C%E5%95%8F%E9%A1%8C

    知らないうちに人気絵本に帰り咲いていました。
    問題が解決したのではなく、うやむやにしただけのようです。
    ※日本における復刊【Wikipedia】
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9C#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E5.BE.A9.E5.88.8A

    わたしはこの話がとても好きです。絶版になった時びっくらたまげて悲しかった。野獣と人間の対決で、こんな愉快な落着のしかたがほかにあるでしょうか!? ・・・否、在ルマイ。
    それでも。
    まずいやりかただなあと思います。ミセス・バナーマンが意図したわけではなくても、当時の欧米人の常識としての侮蔑意識がこの本ににじんでいて、傷つくひとたちがいるのなら。 同じく白人から差別されるイエローモンキーとして、その心情をおもいやることは、比較的たやすいのではないかと思うのです。
    ただ。
    ただし、ですね、主人公が、サンボでもアーサーでも、佐助でも、インディラでも。舞台が、インドでもアフリカのどこかでも、スコットランドでも、火星でも。そんなこと関係なく、この話は成り立つし、かわらず愉快なおはなしだと思うのです。

  • 図書館にあったはあったんだけど、残念ながらシリーズ含め全部書庫扱いだった。

  • ちびくろさんぼの初期の本を再現した本。

    見慣れた絵よりも絵が少しとがっているような気なする。
    最後、お父さんがバターを拾ってお母さんが料理するくだりは忘れていた。

  • 小さい時に家にあって、何度も何度も読みました。
    昨日、図書館で久しぶりに見かけて思わず手にとって、懐かしく感じて、借り手帰って来ました。
    子供に読んであげたことあったかなーって。
    読んであげたなーって、思いました。

    ずっと読み続けると思います。

  • サンボホットケーキ食べ過ぎ!

  • 読み聞かせに購入。
    文章のテンポがよく、子供大喜び。
    サンボくんのお父さんはとってもダンディ。

全23件中 1 - 10件を表示

ヘレン・バナーマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
モーリス・センダ...
湯本 香樹実
ユリー・シュルヴ...
ヨシタケシンスケ
ばーじにあ・りー...
マージェリィ・W...
ヘレン・バンナー...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちびくろサンボを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちびくろサンボを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちびくろサンボを本棚に「積読」で登録しているひと

ちびくろサンボの作品紹介

80年前アメリカで出版された美しい一冊の絵本。その絵本は、日本で120万部以上も売れた岩波書店版『ちびくろ・さんぼ』の原書となりました(現在は瑞雲舎より刊行されています)。ところが岩波書店版は、フランク・ドビアスが描いた印象的なイラストを大幅に改編したものだったのです。アールデコの流れをくむドビアスの力強いイラストは、その多くが一部をカットされ、反転され、合成されました。なかには収録されなかったイラストすらあります。
そのようなことが起こったのは、イラストを描いたフランク・ドビアスが消息不明になってしまったため、守られるべき著作権が守られなかったこと。岩波書店が『ちびくろ・さんぼ』を出版した1953年当時は、まだ著作権を重んじる意識が日本で低かったこと。横書きの絵本がほとんどなかったので、横書きの原書を縦書きにする必要があったことなどが原因です。
当時にしてみれば、しかたのないことだったのでしょう。けれども、大幅に改編されたがゆえに、『ちびくろ・さんぼ』は原書の持つ味わいを失ってしまいました。これほど長いあいだ『ちびくろ・さんぼ』を愛読し続けてきたのに、私たちはフランク・ドビアスの描いた本当のイラストを知らないままなのです。
そのうえ、著作権に対する意識がこれだけ高まっている昨今になってもまだ、フランク・ドビアスの絵を真似た、盗作とすら言えるような絵本が出版されています。
長年にわたって私たちを楽しませてくれたフランク・ドビアスに対する深い敬意を込めて、私たちは彼のイラストをできるかぎり忠実に再現。いまようやく、原書そのままの絵本を世に送りだします。岩波書店版(瑞雲舎版)には収録されなかった5点のイラストは、日本初公開。
子ども達に伝えたいのは、原書にしかない本物の味わい。いまは亡きフランク・ドビアスも、きっと喜んでくれることでしょう。

ちびくろサンボのKindle版

ツイートする