現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまで

  • 55人登録
  • 3.90評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : James Rachels  古牧 徳生  次田 憲和 
  • 晃洋書房 (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784771014398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
野矢 茂樹
戸田山 和久
J・モーティマー...
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブログでいろんな倫理学の先生が薦めていたので。

  • 大学の授業で

  • 未読

全4件中 1 - 4件を表示

現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまでの作品紹介

本書は、抽象的説明に終始しがちな道徳哲学の諸学説を、安楽死・同性愛・中絶・動物の権利・死刑制度など現代社会のさまざまな現実と引き合わせることによって、他に類をみないほど鮮やかに描き出している。これらの豊富で適切な実例によって、倫理学上の問題とは、書物の中に閉じ込められた空虚な理論ではなく、我々の眼前で生起している生々しい出来事に他ならないということが実感されるであろう。

現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまでのペーパーバック

現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまでのハードカバー

現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまでのペーパーバック

ツイートする