終焉の時代に生きる

  • 14人登録
  • 1レビュー
制作 : Slavoj 〓Zi〓zek  山本 耕一 
  • 国文社 (2012年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (572ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772005364

終焉の時代に生きるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  民主主義の限界を観察と言論とで露呈させ、自らを「コミュニスト(共産主義者)」と称する著者は、「パララックス(視差)」という独自の手法で、我々が見慣れている風景には、常にもう1つの別の側面があることを指摘し続けてきた思想家だ。
     たとえば、西欧諸国は中国の民主主義の欠如に対して人権ベースの批判を強固に打ち出すが、中国がグローバル大国となるためには、西側には真似のできない現在のやり方は極めて合理的なのだ。つまりこの西欧諸国のふるまいは、実は将来超大国となった中国が西側の優位を脅かすことを回避したいがためであり、中国人民の人権を尊重するためではない。またコンゴの内戦は、巷間で言われているような民族間憎悪の紛争などではなく、完全に鉱物資源をめぐる利権が原因であり、その鉱物に多くを依存するラップトップ(ハイテクの推進)が真の紛争の原因である、というように。
     常識的な見解を疑い、パララックス的なモノの見方を多様な領域でアプリケーションとすることで、著者は世界の見方を反転させる。このめまい感に、読者はノックアウトを喰らう。

全1件中 1 - 1件を表示

終焉の時代に生きるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

終焉の時代に生きるを本棚に「積読」で登録しているひと

終焉の時代に生きるの作品紹介

われわれの戦いの相手は、現実の堕落した個人ではなく、権力を手にしている人間全般、彼らの権威、グローバルな秩序とそれを維持するイデオロギー的神秘化である。

終焉の時代に生きるはこんな本です

ツイートする