だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)

  • 160人登録
  • 3.34評価
    • (8)
    • (12)
    • (26)
    • (4)
    • (3)
  • 22レビュー
著者 : 西巻茅子
  • こぐま社 (1995年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772101301

だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスマスが終わると、年末。なんとなく 慌ただしくなってきました。
    小さいお子さんは、こういうときに限って、
    「だっこして」とか、「あそんでー」なんて言ってきて、ついイライラしてしまいます。
    そんなときは、深呼吸して気持ちを整えて、「ぎゅー」ってしてあげましょう。
    それだけでも、安心するんです。きっと。
    カンガルーのあかちゃんだって、ひよこさんだって、みんなだっこが大好きなんです。
    ななこちゃんもね。
    0歳から読んであげられる赤ちゃん絵本です。

  • してもらえるうちに、子どもにたくさん抱っこしてもらおう♪

  • 359
    2y9m

  • 2ヶ月。じーっと絵に注目してみている。カンガルーのお母さんと、ニワトリのページが大好き。
    落書きみたいな絵だな、というのは大人の解釈。我が子にとってはとっても魅力的な絵なんだね。
    読み終わると、私の方を向いてもう一回読んで、の催促。「じゃあ、もう一回読むね」と絵本を出すと、にっこり(^O^)

  • だっこしてといってだっこしてもらう。こどもといちゃいちゃできる本。
    絵が苦手。
    C8793

  • イエロー系×水色の赤ちゃん絵本って癒されるから好き。

  • これも最後のオチがみごと。すべてをだっこしちゃうおかあさん、みごと。

  • あんまり絵が可愛くない…。子供にはウケないタッチだと思う…。
    そのせいか、あまり娘も反応しない…。

    というより、やっぱり親が好きな絵本の方が読む頻度も高くなるので、子供が反応するのかな…。(^^;)
    あまりコレ読んでないから反応しないだけかも。(苦笑)

  • 手に取る機会があったので、よんだ。

    いろんな動物のあかちゃんたちの、「だっこして」の繰り返しのある、あかちゃん絵本。

    ラフな筆づかいの太い線と、目にやさしいやわらかい色。
    「だっこして」ということばを覚えそう。
    確かに応えてくれる相手がいるって、当たり前だけれどすごいことだなぁ、と思う。
    終わり方も良かった。
    西巻茅子さんは、ウサギがお好きなんだろうか。
    あとは、値段が少し高めだと感じた。

  • 子に。まあまあ。

全22件中 1 - 10件を表示

西巻茅子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
にしまき かやこ
三浦 太郎
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印

だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

だっこして (にしまきかやこ あかちゃんの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする