おうちのともだち

  • 110人登録
  • 3.44評価
    • (7)
    • (9)
    • (20)
    • (5)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 柳原良平
  • こぐま社 (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772101806

おうちのともだちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サントリー「アンクル トリス」を考案した画家さん。カラフルな背景に生活の必需品がいろいろ出てくるので、名前を覚えるには良さそうです。7か月の娘の反応は今ひとつでした。

  • コップ、歯ブラシ、タオル、鏡で歯磨き顔洗い。
    お鍋、フライパン、お皿、お茶碗、お箸で朝ごはん。
    掃除機、洗濯機、電話機、テレビ。
    ボール、積み木。
    石鹸、お風呂。パジャマ、枕でおやすみなさい。
    みんな友達。

    家の中のものいろいろ。
    みんな目がついている。

    切り絵なのかな。

  • 朝起きてから夜寝るまで子どもの身近にある
    おうちの道具たちの絵本です。

    「おうちのどうぐ」ではなく
    「おうちのともだち」という表現に、
    ものを大切に使う気持ちが生まれるのではないでしょうか。

    UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本の貸出をしています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    貸出方法については、ユニリーフのHP http://unileaf.org/ をご覧下さい。

  • 保育園から借りてくる。最初の方が切れていて残念だが、それなりに楽しんでいた。

  • 自分で選んだ本。
    よく知っているものがいっぱい出てくるのでなじみやすかった模様。

  • 娘3歳2ヶ月、息子5ヶ月時図書館にて借り

    息子に、と娘。

  • 知っているものが、次々出てきて楽しそう。「あー、これは、あれか!」と考えながら見ているような感じ。
    一歳八ヶ月の息子に。

  • 毎日の生活の中に
    こんなにたくさんのともだちがいるなんて
    なんて楽しい生活なんだろ!

    いろいろな形をしていろいろな機能をはたしている
    身の周りのモノが全部いとおしくなった!

  • 1歳6ヶ月の娘のために2011年1月に図書館で借りた本。
    今は物の名前を覚えたり、母の後に続いてリピートするのが楽しいようで、この本を読んであげると喜びます。 身の回りの物の名前が覚えられるのでお勧めです。

    .

  • 家の中の物を少し擬人化して次々と紹介する作品です。
    物の名前を覚えるのにいいかもと思いました。
    しかし、なぜかトゥーゴの反応は悪く全然読めませんでした。
    (1歳1ヶ月)

全19件中 1 - 10件を表示

おうちのともだちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おうちのともだちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする