ありんこリンコちゃん

  • 51人登録
  • 3.41評価
    • (2)
    • (4)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • こぐま社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784772101875

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アネット=チゾン
馬場 のぼる
タダ サトシ
にしまき かやこ
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

ありんこリンコちゃんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ありんこのリンコちゃんが巣からとびだして冒険にでかけます。リンコちゃんといろいろな昆虫とのやりとりが楽しいです。

  • ありに興味を持った息子。公園でアリやチョウチョを見る機会が多い時期に読めて良かった。

  • 働きアリのりんコちゃんは毎日巣の中で繭の世話をしているので外に出た事がありません。姉さんが止めるのも聞かず、冒険の旅に出かけました。リンコちゃんは色々な穴をのぞいて色々な虫に出会いました。アリジゴクの穴に落ちたリンコちゃんはカミキリさんに助けてもらいました。自分の穴が一番安全で居心地がいいと気付いたリンコちゃんは自分の巣に帰りました。姉さんは巣の中をリンコちゃんに案内しました。
     外の世界に憧れていたリンコちゃんの初めての旅の様子が描かれています。夏の昆虫をアリの目線で楽しめます。最後には、巣の様子もわかります。

  • 息子(5歳)が図書館からとってきた本。

    絵が素敵だし、とてもわかりやすくかいてあるので息子のお気に入りになりました。

  • 初めて出かけた巣の外の冒険

  • 同じ作者の「カブトくん」が子どもたちに大人気なので購入してみた。
    登場する昆虫や植物、しっかり描かれていて見る楽しみを十分味わわせてくれる。アリジゴクなどは、足や体に生える毛までリアルに描かれていて、読んであげるお母さんはちょっと辛いかも(笑)。
    シロスジカミキリが木から出るために開けた穴が、小さすぎて出られなくなったところをリンコちゃんが他のアリと力を合わせて引っ張り出してやる。そのお返しに、リンコちゃんがアリジゴクに捕まりそうになった時、助けに飛んできてくれた・・・というのは、どうしたものが。自然界ではありえない。
    作者が実際に出会ったことが元ネタになったそうで、そのときそのまま立ち去ったことが心残りで、この本の中にそのエピソードを入れたとのこと。
    うーん、うーん。それはそれ、これはこれとはいかなかったのかなぁ。

  • 働きありのリンコちゃんはたった1匹で巣から抜け出し、外の世界へ冒険に出かけます。

全7件中 1 - 7件を表示

ありんこリンコちゃんを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ありんこリンコちゃんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ありんこリンコちゃんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ありんこリンコちゃんの作品紹介

「この巣のそとにはきっとおもしろいことがいっぱいあるんだわ!」はたらきアリのリンコちゃんはねえさんアリのとめるのもふりきって、冒険の旅に出かけます。どこにでもいる一番身近な昆虫、アリ。そんなはたらきアリの意外に知られていない興味深い生態が描かれているお話。セミやクワガタ、カミキリムシもかっこよく登場します。

ツイートする