サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐって

  • 97人登録
  • 4.03評価
    • (15)
    • (9)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 松岡享子
  • こぐま社 (1978年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772190015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ユリー・シュルヴ...
トミー=アンゲラ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐっての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どの章も私にとってとても勉強になったけれど、特に子どもの本をできるだけ当たり前に読むことを心掛けている、という部分が良かった。人の感想、書評を読んで自分の読みがひどく浅いものに感じたり、自分はよく理解しないで読んだのだと落ち込んだり。「読みが浅い」「理解できていない」「上っ面だけ」、そう思われるのを怖れる気持ちが心のどこかにある。
    そして最近は特にブクログやアマゾンレビューなど、他人の評価がひと目でわかるようなものがあると、自分なりの評価を、と思いつつもつい気になって見てしまうということもある。

    人の評価に左右されず、自分の感性で判断する、本を評価するように心がけたい。

  • 海外で児童図書を学び、実際の経験から「子どもと本」をわかりやすく 教えてくれています。

    自分と重ね合わせて 納得のいく、そして心にとどめたい1冊でした。
    職場の子たちにも勧めたいです。

  • 配架場所:1F電動書架A
    請求記号:019.5||Ma 86
    資料ID:W0139096

  • 児童サービスの基本図書とのことで、図書館で借りた。

    新聞や雑誌に掲載され、講演された、子どもと本と読書と図書館に関するはなし。

    ・ユーモアのセンスを育てる
    ・本は特効薬ではない
    ・「絵本の字の部分は、原則として(傍点付)、おとなが読んでやるもの」
    ・絵本の評価はたのしみ(pleasure)、よいストーリー(「子どもたちの興味や理解能力から離れないところで、ひとつの課題が示され、それが導き手となって、ものごとが秩序だって、首尾一貫して進展していき、満足のいく形で解決するストーリー」)
    ・単純かつ素朴に読むこと
    ・①子どもたちのまわりに静けさをとりもどす、②ことばに対する飢えをとりもどす、③おとなが話しかけることばもできるだけ節約する、④できるだけ実生活の体験をさせてやる、⑤お話をしてやる

    勉強になります。
    やっぱり、よめることとわかることは違う。
    ことばはそれまでの経験と結びつく。
    響くことばは、語り手のなかにあり、子どものなかにもあることば。
    音楽と似ている。

  • 勉強用。

  • 心の中にひとたびサンタクロースを住まわせた子は、心の中にサンタクロースを収容する空間を作り上げている。沢山の不思議の住める空間をたっぷりとってやりたい。これは子ども相手の図書館員さんに読んで欲しい本。

  • サンタクロースを信じることのできるのは子どもの頃のわずかな時期。その時にサンタさんを信じることができることが、その後のその子の目に見えない世界を信じる力『想像力』に関わっていく・・・。と著者は冒頭で述べている。なるほど!である。サンタクロースを信じる貴重なこの時期に、親としてこのタイミングをのがさず、絵本からゆくゆくは読書につながる役目を考える本として、今の時代にも十分説得力を感じる。

  • サンタクロースを信じるという経験によって、その子は目に見えないものを信じるという心を養う。

    何度でも読み返したい一冊

  • 子どもと本について書かれた本。お話を読むということ、お話を聞くということの大切さと意義。30年以上前に出た本で、中身については40年以上前に書かれたものもあるのに、現代に於いても古びない内容。
    サンタクロースがいると信じていた子の心には、サンタクロースが去ったあと(いないと知ったあと)でもサンタクロースがいた場所が残り、そこにサンタクロースに変わるものを迎えることができる。こういう話を聞くと、子どもたちに物語を届けることの大切さを痛感します。

  • 60-70年代に書かれたものをまとめているが、古びていない内容。
    神戸出身の著者、たまに話し言葉に関西弁が混じるのが楽しい。

    冒頭の、サンタを信じる心の重要性について、たまたま別の所で紹介されてるのを読んだことがあったので、ここに載ってた!と嬉しかった。
    イブイブに読んだのも。

全17件中 1 - 10件を表示

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐってに関連する談話室の質問

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐってを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐってを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐってを本棚に「積読」で登録しているひと

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐってはこんな本です

サンタクロースの部屋―子どもと本をめぐっての単行本

ツイートする