詩集 ライラックの枝のクロウタドリ

  • 12人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : エドワード アーディゾーニ  James Reeves  Edward Ardizzone  間崎 ルリ子 
  • こぐま社 (2015年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772190572

詩集 ライラックの枝のクロウタドリの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アーディゾーニーの絵に惹かれて。
    詩集ですが、楽しいお話をたくさん読んだ気分になれます。
    ジャンル分けも、ユニークで楽しい。
    図書館の新着本コーナーにて遭遇。
    掘り出し物でした(*^-゜)b

  • イギリスの詩人で、子どものための詩やお話を手がけたジェイムズ・リーヴズの詩に、アーディゾーニがイラストをつけた詩集です。英語圏では1952年に出版され長く読み継がれてきていた作品です。この詩集を翻訳された間崎ルリ子さんは、若い頃にニューヨーク公共図書館で児童図書館員として働いていた時に、この詩集を読んで聞かせてもらっていたというのです。長く日本では出版されていませんでしたが、2012年にこぐま社から完訳版の『チムとゆうかんなせんちょうさん』が出版された折に来日して教文館ナルニア国で講演されたイギリス児童文学評論家のブライアン・オルダーソン氏が「二十世紀に出た一番すぐれた本」と称され、出版の運びとなったようです。翻訳の言葉も子どもたちの耳に心地よいように、丁寧に選ばれており、アーディゾーニの挿絵とともに詩のもつ味わいにも十分触れてほしいと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

詩集 ライラックの枝のクロウタドリを本棚に「読みたい」で登録しているひと

詩集 ライラックの枝のクロウタドリを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

詩集 ライラックの枝のクロウタドリの作品紹介

深い友情で結ばれた二人による"子どものための詩の本"。

詩集 ライラックの枝のクロウタドリはこんな本です

ツイートする