事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使い

  • 17人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 伊藤 絵美  坂本 真士  杉山 崇 
  • 金剛出版 (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772412124

事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使いの感想・レビュー・書評

  • 「はじめに」で少し驚いたのは、基礎心理学と臨床心理学が現状重なりあっていない、というような記述があったこと。
    そうだとしたら、この本の意義はかなり大きなものなのではないかと思う。
    本の中では、基礎を臨床現場で上手く取り入れている事例が記述されていた。執筆者だけでなく他の人からのコメントが入っているのが、違う視点から事例を見ることができるという点で良かった。

    基礎を活かすというくらいだから認知行動療法ばかりだと思っていたら、そうではなかった。折衷的立場や森田療法も出てくる。

    執筆者独自の考え方や心理学との出会いなども盛り込まれていて、とても面白かった。

  • 基礎心理学と臨床心理、特に認知行動療法が、それで説明しやすいことがわかり、治療の意味などが根拠を持って説明できることが理解できた。しっかり自分の身になるように継続して学習したい。

  • 請求記号:146/Ito 所蔵ID:50062303
    配架場所:書庫入り口横 学生選書コーナー・指定図書

全3件中 1 - 3件を表示

事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使いを本棚に登録しているひと

事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使いを本棚に「読みたい」で登録しているひと

事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使いを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使いを本棚に「積読」で登録しているひと

事例でわかる心理学のうまい活かし方―基礎心理学の臨床的ふだん使いの作品紹介

臨床心理学書の王道である事例集をベースに、ベテラン臨床家による事例コメント、各執筆者が心理学との出会いを語ったコラムエッセイ、巻末付録の「基礎心理学用語集」など、心理学用語を整理しながら臨床力のバージョンアップを図るためのヒントが満載。領域横断的な知識と経験が求められる今日の心理臨床における必携テクニカルツール。

ツイートする