バウムテストの読み方―象徴から記号へ

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 阿部惠一郎
  • 金剛出版 (2013年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772413213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
最相 葉月
有効な右矢印 無効な右矢印

バウムテストの読み方―象徴から記号への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安倍先生の新刊!!
    ボーランダー、コッホ、カスティーラ、ストラ、愛原の指摘したサインが一覧でまとめられています。

    副題の「象徴から記号へ」の通り、テスター個々の主観に頼りがちだった描画法の解釈に、客観性を引き寄せようとした
    本です。
    描画は臨床像から象徴として読まれることが多いですが、「検査」と名乗るからには客観的に描画を読み解いていかなくてはと姿勢正された思いです。

全1件中 1 - 1件を表示

バウムテストの読み方―象徴から記号への作品紹介

長年、バウムテストを使用し、研究してきた著者による手引書。いままで、バウムテストの実施方法、サインの読み方には統一されたものがなく、検査者が独自に実施・判断していくしかなかったのだが、それを可能な限り統合し、著者のいままでの経験を含めて説いたものが本書である。肝心な「サインの読み方」についても、検査者の主観を入れず客観的に判断できるよう、随所に検査者の心得がちりばめられている。さらに、サインを読んだ後、どのように心理査定の報告書を作成するか、またバウムテストを用いたカウンセリング(アートセラピー)にどのように利用できるかについても考察。巻末には、いままでのバウムテストのサイン対照表を掲載。

バウムテストの読み方―象徴から記号へはこんな本です

ツイートする