そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガ

  • 66人登録
  • 3.88評価
    • (6)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 斗希典裟
制作 : 発達障害を考える会TRYアングル 
  • 合同出版 (2009年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772604338

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
やました ひでこ
朝井 リョウ
佐々木 圭一
池井戸 潤
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うちの子は発達障害ですが、感覚の問題、偏食の問題など「そうそう!!」と相づちを打ちたくなることがわかりやすく書かれていました。
    発達障害を知らない人がよんで、このような感じ方(世の中の見方)をしているんだなぁ~と理解してもらえると、うれしいです。

  • WS107

  • 発達障害の理解が少しできた

  • 発達障害のそうだったのか?がわかる本で色々な事が見えてきます
    見えてくるからこそできる事たくさんあります。

  • 4コマ漫画で、実際にあった話が解説付きで載っている。

    著者であるNPO法人の理事長も、発達っぽい。

    一般の感覚とは違ったことが多いため、周りからすると、奇異に思えてしまうが、発達障害を持つ人からすれば、それこそが当り前。

    だから、人間関係をうまくやっていくには、相互理解が大切なのであり、「変」というレッテル貼りで済ませてしまってはならないと思った。

  • 周りに発達障害の方がいる人が読むとなるほどと思える本。

  • 発達障害を持つ側が、周囲から見て「特異」だと感じる行動を、
    どういう感覚で行っているのが分かる。

    文章も少なく、専門家の著書でもないので、気楽に読める。
    いい感じにヘタウマなマンガで気楽ささらに倍。

    ついついわすれがちな、本人の気持ちになって考えるということを
    思い出させてくれる一冊だと思う。

    発達障害について詳しい知識をつけたい方や、
    具体的な対応について知りたい方は、
    また別の本をさがされるのがいいと思います。

  • ちょっとしたことでも、彼には~のように伝わるのです。
    例えば、、、と、いう様な内容。

    わざとじゃないのでしょう。確かに。

    なかなか加減が分からなくて殴ってしまう場合も、、みたいな。



    この類の本に共通しているのは「わかってください」だけで
    そこに周りに対する、「ごめんね」の気持ちは汲み取られない。
    相手の立場になって考えるのが難しい性格なのは分かった。
    だけども、だからといって、何してもOKってわけではないはず。

    読むたび虚しくなるので、
    (私が探してる、攻撃的な子に出会った時の周りの子供の対応についての内容はない)
    この手の本を読むのはもう止めようと思う。

  • 笑い事じゃないんだけれど、笑いながら読みました。
    ヘタウマ?漫画で描かれていて、とても読みやすい。
    本人はよくわかっているけど、その周りの人に読んで理解してほしい本ですね。

全10件中 1 - 10件を表示

そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガを本棚に「積読」で登録しているひと

そうだったのか!発達障害 わざとじゃないモン―実録4コママンガはこんな本です

ツイートする