世界から飢餓を終わらせるための30の方法

  • 46人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 勝俣 誠  特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド 
  • 合同出版 (2012年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772610490

世界から飢餓を終わらせるための30の方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【2015/3/5】
    紹介者:川口明美さん
    レビュー:米山

    その30の方法のうちのひとつに「フードバンク」がある!
    フードバンクとやま代表のあけさんならではの紹介でした(^^)

  • パートパートを別の人が執筆してるので、バラバラ感が否めません。
    いくつか、気になる点が。
    200グラムのステーキ肉を生産するために、2キロの穀物が必要で、その穀物を栽培するために4000リットルの水か必要だと。
    産地からの距離にグラムをかけるとフードマイルが計算される
    先進国のマネーゲームのために産地の価格決定権のない貧しい国は振り回される

    できそうなこと
    ・買いすぎない
    ・頼みすぎない
    ・産地を意識して、なるべく近くのものを買う
    ・フェアトレード品をなるべく買う

    超当たり前の事だけど、こうやって事実と一緒に提言されると、真剣にやっていかないと本当にマズイな、とも思いました。

  • これが全て事実か、確認はしていないけれど、ほとんどが事実なんだと思う。ショッキングな内容。どんな食事をするか、服を買うかは、自分だけの問題ではない。どこで、誰の手によって、どのように作られているか。その人はどんな生活なのか、お給料はいくらなのか。高いものには高いなりの意味があり、安いものにも重い意味がある。自分だけ良ければいいの?安いものをたくさん買ってたくさん捨てる私たち。私自身、そんなわがまま人間だったなんて気づいていませんでした。それはすごく恥ずかしいことに思えます。この本で読んだこと、きちんと誰かに伝えます。

  • 2013年31冊目。

    飢餓の原因のみならず、実践されている解決策も含めて、30章に分けて簡潔に解説された本。
    使用されている豊富なデータも割と新しいものが多いため、引用しやすい。
    飢餓問題を知るための最初の1冊として適している入門書だと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

世界から飢餓を終わらせるための30の方法の作品紹介

世界には69億人が住んでいます(2010年)。そして、すべての人が健康に生きるために十分な食料があります。けれど、世界では6人に1人が飢えている-。この数字のうしろがわにある私たちの世界でなにが起きているのか、どうして飢餓がおきているのか、「食」という基本的人権が守られるために、わたしたちになにができるのでしょうか。飢餓問題の最前線で支援、研究、取材をしている25人のフロントランナーと考えていきましょう。

世界から飢餓を終わらせるための30の方法はこんな本です

ツイートする