セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 清田和之
  • 合同フォレスト (2013年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772660181

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 紅茶を日本人ではじめて飲んだとされている大黒屋光太夫がコーヒーもだということを初めて知る。
    コーヒーの輸出も続いていたセイロンで生豆を輸出するだけよりも、紅茶を生産地で加工し商品化する方が効率も利益率もよい。
    ゆえにセイロンのコーヒーはイギリスに潰された…。
    コーヒーのことも勉強しないとなんともわからないがなるほどとは思う。

    紅茶の歴史を深めるなら珈琲の歴史も学ぶべきだと痛感。

全1件中 1 - 1件を表示

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働を本棚に登録しているひと

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働を本棚に「読みたい」で登録しているひと

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働の作品紹介

スリランカ・コーヒー産業史の欠落に挑戦し、フェアトレードで幻の名品スリーパーダコーヒー復活を夢見る男の執念。

セイロンコーヒーを消滅させた大英帝国の野望―貴族趣味の紅茶の陰にタミル人と現地人の奴隷労働はこんな本です

ツイートする