言語が違えば、世界も違って見えるわけ

  • 416人登録
  • 3.81評価
    • (13)
    • (28)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 37レビュー
制作 : Guy Deutscher  椋田 直子 
  • インターシフト (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772695336

言語が違えば、世界も違って見えるわけの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <「多彩」な言語学の世界への誘い>

    門外漢なので、言語学というのは論理学とか記号論とかそんな感じなのかな?と漠然と思っていた。本書を読んで堅いイメージがずいぶんとカラフルな親しみやすいものに変わった。比較文化人類学のようでもあり、認知心理学のようでもあり、また脳科学のようでもあり。実に多彩で可能性を秘めた学問のように思える。
    言語学者である著者は、そんな学問の横顔を、興味深い数々のエピソードで楽しく描き出している。
    その発展に寄与した言語学者も何人か登場する。世に科学者の評伝は数多いが、言語学者の列伝にはなかなかお目にかかれない、と思う。

    色彩の認識。音素の複雑さ。時制や格。自己中心座標と地理座標。男性名詞・女性名詞。
    さまざまな話題に触れられているが、個人的に興味深かったのは以下の話題:
    ・オーストラリアのグーグ・イミディル語の話し手は地理座標を元に位置関係を語る。これは、幼少時から、自分がどちらの方向を向いているのか訓練を重ねていることにもよるようだ(cf. 『イマココ』、『ソングライン』)。*グーグ・イミディル語の語り手とアボリジニが重なるのかどうかがよくわからなかったのだけれど。
    ・男性名詞と女性名詞を持つ言語を使う詩人が作る詩には、その名詞に伴う「性」のイメージまでも内包された豊かな情景が宿っている。名詞のジェンダーを失ってしまった言語に翻訳したときに、そのニュアンスは消えてしまう。

    言語と言語を比較するというのは、非常に複雑で困難なことなのだと思う。
    直感的に、日本語で考えるときと英語で考える(拙いのだが)ときでは発想が変わるような気がしているが、実はそれは言語のせいではなくて、例えばアメリカでは一般に、はきはきと主張しなければならないというような、そんな文化の背景が影響しているのかもしれない。
    言語は言語だけを切り離せるものではないから、解明はそれほど単純ではないのだろう。

    現実的でもないし、科学的でもないが、もしも100や200の言語を自在に操れて、自分がそれぞれの言語を使うときにどのように感じるのか、いわば内からの観察ができたらおもしろいのだろうな、とちょっと思ったりする。

    本書では言葉をレンズや鏡にたとえている。
    言語は牢獄という言葉も出てくるが、個人的には、牢獄のように囲うものというよりも、道具のように使い方次第のものなのだと思う。使いようによって枷にも翼にもなるものなのではないかと感じている。

    この分野、まだまだ鉱脈がたくさん眠っているように思える。著者のような、専門家でありつつ、一般読者の興味を上手に呼び覚ますような書き手が、またその後を教えてくれるのを待ちたいと思う。

  • (15-38) 題名から予想した内容とはちょっと違っていたが、言語学の歴史が色を切り口にして熱く語られ、ふ~ん、へぇ~と大変面白く読んだ。色以外にも時間や方角・方向など私が普通に言葉として思い浮かべるものとは違うことを材料にして、言語による受け取り方の違いが研究されているとは知らなかった。
    全部理解できたわけではないがどんどん読めたのは、語り口が軽妙でユーモアに富んでいて、人間ドラマとしても読ませる話が散りばめてあったから。読んで良かった!

  • 高校生の頃にふと思った「私の赤は、他の誰かにとっても同じ赤なのか」問題、全く同じ疑問を持って、著者が10代の頃に友人と徹夜で話したというエピソードが出てきて笑った。脳内の画像をそのままのイメージとしてやり取りできる装置が開発されない限り、自分の赤が本当に万人にとっての赤なのかは、誰にも判らない。

    同じ「赤」でも完全な同一性の証明はできないのだから、言語が違えばそこにどれだけの差が出てくるか、想像に難くない。古代には「青」が無かったとか、言語体系として「青」「緑」の差を持たないとその2色(という概念が無いんだもんね)の分類に遅延が出るとか、生活圏の違いによる地理の把握の仕方の差異とか、生活から言語が生まれて、その言語がまた生活を決めて行くというのは面白い。そういえば日本にも都/地方へ向かうことを「上る」「下る」っていう本来とは違う意味で使う言葉があったな。
    個人でも文化でも「差異」をあたり前だと思えたら、いろいろとスムーズに行くような気がする。

  • まず、プロローグが秀逸。
    なかなかの分量だが、著者がこの本で試したいことを充分不可欠に語りながら、なおかつ読み物としても成立している。

    全体的に、言葉というものに少しでも興味を持っている人ならば面白く読み進められる内容。
    特に私は大学の専攻が認知心理学だったので(といってもほとんど勉強などしていないが…)、Part 2ブロックはまた違った側面からの関心も持って読むことができた。
    言語はどんなものであっても生来の枠組みに拠って起こるだけのものではなくて、それが時には鏡となり、時にはレンズとなって、特に文化的慣習を中心とした人間の思考にも影響を与えるものなのだ、というのがざっくりとした主張だとは思うが、実はガイ・ドイッチャー氏がその"影響"の存在を認めているヴォリュームはそれほど多くない、というのが率直な感想。
    言語の違いが思考や習慣を変える要素はあるが、それはあくまでもごく限られた分野においてのみで(少なくとも科学的に解明されているのは)、本質的には人間はどの言語を使い、どの国に住もうが同種の生物であるから、その根元的な精神性に大きな差異はない、言語の影響を過大評価してはいけない、というのが本当に著者が伝えたいことなのではないだろうか?

    一つ、不満というか消化不良な部分を挙げるとすれば、言語と思考の関係性について、もう少し文法面から探った深い考察を知りたかった。
    とりわけ日本語を母語とし、普段からこの種の疑問を抱えている私にとって、ヨーロッパの大多数の言語と異なる語順が、日常の思考パターンにおいてどのような影響を及ぼしているのか、という見解を読んでみたかったのだが、それについては著者も本書中で、文法については深く触れない、と言明している以上仕方ないか。

    また、特に第6章なんかにおいて顕著だが、既に過去の理論として広く否定されているものに対してさらに否定を重ねる、その語調が必要以上に手厳しいような気がしたのだが…。
    何か私怨でもあるんじゃないか? と思うぐらい。

  • 円城塔さんのついーとで知って読んだ。良い本だった。サピア・ウォーフの仮説とか、バーリンとケイの仮説とか、なんとなく知ってたが、改めてヘンなところを指摘されると、なるほどな〜と。
    とても慎重な手つきで論を進めて行くのだけれど、ユーモラスかつクリティックな文体がメリハリ効いてて良い。
    グラッドストンはすごい人だったのだな…初めて知った。
    ジェンダーの章だけえらくテンションが高かった気がするが、何故…?

  • さまざまな言語の違いが、それぞれの文化からいかに影響を受けているか、また、そんな言語の違いが、人の思考に如何に影響を与えているかを解説した本。
    言語間の違いを考えることがともすれば言語社会の優劣をつけることにつながっていた時代が過ぎ、逆にそんな差別を避けようと違いすら見ない振りをしている昨今の言語学に、「それは違うんじゃない?」と提言しているようにも感じられました。
    ひとつひとつの例が身近でかつ驚きに満ちているので、見た目よりも読みやすかったです。
    もっといろんな言語について知りたくなる一冊でした。

  • 言語学って面白い。

  • 自然が明確な境界線を引いたところでは、文化が介入する余地はない。自然が引いた境界線にわずかでも不明瞭なところがあると、直ちに文化が侵入し、概念の識別に差が生じる。言語は、どのような情報の伝達を可能にするかによってではなく、どのような情報の伝達を強制するかによって、人間の認知に影響を及ぼす可能性がある。2012年12月16日付け読売新聞書評欄。2014年1月12日付け読売新聞書評欄「空想書店」で円城塔が挙げた5冊に入っていた。

  • 古代ギリシャのホメロスでは、海の色を「葡萄色」と表現しました。しかしそれは、色を表す言葉ではなかった?!そんな驚きから、この本は始まります。
    日本の信号、「進め」は緑色なのに、なぜアオ信号と言うの?
    英語で青は「blue」のひとつ、ロシア語では「siniy(ダークブルー)」「goluboy(ライトブルー)」のふたつ。視覚に違いがあるわけではないのに、なぜ言語によって表現が変わるの?
    読めば読むほど新たな疑問が浮かび、知りたくなる。そんな言語学の本、ありますよ。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784772695336

全37件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジョセフ・E・ス...
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

言語が違えば、世界も違って見えるわけに関連する談話室の質問

言語が違えば、世界も違って見えるわけを本棚に「読みたい」で登録しているひと

言語が違えば、世界も違って見えるわけを本棚に「積読」で登録しているひと

言語が違えば、世界も違って見えるわけの作品紹介

古代ギリシャの色世界から、未開社会の驚くべき空間感覚、母語が知覚に影響する脳の仕組みまで-言語が世界観を変える、鮮やかな実証。年間ベストブック多数受賞。

ツイートする