すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わる

  • 321人登録
  • 4.11評価
    • (48)
    • (36)
    • (23)
    • (2)
    • (3)
  • 66レビュー
著者 : 佐藤剛史
  • 五月書房 (2009年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772704809

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるの感想・レビュー・書評

  • これはお弁当のレシピが書いてあるわけじゃない。
    お弁当には誰もがいろんな思い出を持っているはず。
    お弁当を通して、人への思いやりや感謝の気持ちが育まれていくのがとっても良くわかる。
    誰かに感謝される、そして感謝する。手作りの力って凄いんだなって思う。
    表紙の梅干ごはんも超美味しそう!

  • 弁当を作る毎に楽しみが増え、そして周りが元気になる。

  • まさにすごい!!に尽きる一冊です!

    だいぶ前に出会った一冊なんですが、ふっと思い出し読み返しました。


    あなたは自分の子供に、毎日コンビニ弁当を食べさせられますか?
    あなたは自分の子供に、毎日栄養たっぷりのコンビニ弁当を食べさせられますか?
    あなたは自分の子供に、毎日栄養たっぷりで家庭的なコンビニ弁当を食べさせられますか?

    手作り弁当には、形に表せない思いがいっぱい!


    弁当の持つパワー★☆
    弁当を通じて育むことのできるパワー☆★


    何度読んでも楽しめる一冊です!


    暇ならドクショ♪
    ほんなら~\(-o-)/

  • 本書は弁当を作る為のレシピが書いてあるわけでも、栄養評価について書いてあるわけでもない。
    弁当という1つの箱の中に詰まっている、人それぞれの想い出や
    エピソードが紹介されている。
    読了後は不思議と弁当って良いな。自分も、作ってみようかな。。。と、思わせてくれる。

    特に、弁当作りが苦手だったり、苦痛に思っている人にも本書は
    勇気をくれる。また、小学生や1人暮らしの学生、社会人になった
    人が、自分で弁当を作ることによっておこる、様々な成長過程は
    時にほんわかと暖かく、また時にはホロっとさせてくれます。
    サクサクと読めてしまいますが、本文中の内容は説得力もあり
    読んでいて考えさせられる本。

  • 食育は、実戦から学ばせることが有効なんだなぁ。子どもたちの素直な気づきがいいなって思いました。子どもがいる家庭には、大人には子どもと一緒に台所に立って欲しいし、お買い物などのお手伝いもさせてほしい。身の回りの人を見ていて、食がきちんとしていると、きちんとした人になれる気がしています。

  • 作ってもらっている間は当たり前でわからなかったけど、作る立場になると気づく作る人の気持ち。思い。

  • これから始まる9年間の弁当作り。
    3年前の弁当時代は楽しかったけどプレッシャーもあった。
    この本を読んだら、私のお弁当で子どもたちができてるって感じがすごくして、むしろ作りたい!
    この特権はもうちも誰にも譲りたくないという気持ちになってる。

    今、私が気付いているようにいつか子どもたちも母の弁当には母の命がけの愛情が詰まっていることに気づくときがくると思う。

    その時、おいしい思い出が一緒に出てくるようにせっせと作ろうと心に決めた。

  • 弁当の力恐るべし

    料理しないわけではないけど
    最近作っていない弁当

    あらためて、作る機会を設けたくなった

  • お弁当。
    小学校の給食から中学のお弁当へ。
    中学に入って始めてのお弁当。
    みんなが弁当を見せ合う中、隅っこで弁当を包み隠しながら食べた記憶が蘇る。
    うちは商売人の家庭で、忙しく仕事を抜けれない母がお弁当を作る事はなかった。
    いつもお婆ちゃんが作っていた。
    白米に甘い卵焼き。少し焦げ付いた野菜炒め。いつも変わらないメニュー。見た目は質素で恥ずかしかった。だから弁当のお昼が嫌だった。みんなが楽しそうに食べてる昼休みのお弁当が嫌だった。だから、お婆ちゃんの作った弁当を朝ご飯で食べて、お金を貰って学食のパンを買って食べた。遠足や行事の時だけ母がお弁当を作ってくれた。いつもと違うお弁当に蓋を開けるときはドキドキしたもんだ。
    でも、今になって。
    忙しい中、どんな時もお弁当を作ってくれた婆ちゃんに感謝せな。ホンマにありがとう。婆ちゃんにひ孫見せたかったなぁ。
    ちょっとこの本読んで昔を思い出しました。

  • 学生時代には毎日母がお弁当を作ってくれました。

    小学4年生から、大学卒業までの12年間。

    お弁当の思い出を思いだし、すこし涙。

    将来生まれてくる我が子にも、愛情たっぷりのお弁当をつくってあげよう。

  • 「居酒屋道場 壱歩」おすすめの一冊
    http://izakaya-dojo-ippo.com/

  • いくつかの小学校や大学で定期的に行われる「弁当の日」
    その日は小学生も自分でお弁当を作ってきます。大学生は一品持ち寄り方式で、友達のためにお弁当を作ります。

    自分の食を見直し、お弁当を作ってくれていた母の大変さに気づき、誰かのために料理を作る喜びも知ります。

    人の作ってくれたお弁当って幸せな気持ちになるよなぁ・・・。
    あたし、会社の人が作ってくれたお弁当を食べながら泣きそうになったことがある。って読みながら思い出した。


    そういえば、たまに実家に帰った時、母は食べきれないほどの料理や種類豊富なおかずを並べてくれている...当たり前のように食べていたけど、作るためにそれだけの時間を費やしてくれているんだと思うと、涙が出る。

  •  お弁当を作る取り組みを紹介した本。お弁当ってこんなに感動的なモノだとは。。。

  • 離乳食時に説得力あり。

  • 一般の弁当実践者の大学生、子ども、社会人、お母さんたちのコメント(方言入り)が泣ける!どれもいい話過ぎる!!

    高校生になるまでずっと親に弁当作ってもらっておいて、一度も感謝したことのなかった自分、大反省だ。
    自分の子どもにもお弁当食べさせたい。お弁当で、体も心も豊かに成長させてあげたいなと思わされた。

    それにしても、イマドキの大学生て超素直!弁当マジックのせいか?

  • 何の気無しに借りた本だが、『いのちをいただく』の佐藤氏の本だった。
    九州大学で「弁当の日」を実施した学生の感想などが書かれている。
    ちょいちょい泣ける箇所あり。

    子供にもっと台所の手伝いをさせようと思った。

  • 2013年3月23日読了。「弁当の日」として、小学生が自分で弁当を作る日を設ける運動を提唱する著者による、弁当が子供・両親・学校・社会を変えていくという話。弁当の日を体験した小学生による感想文、「楽しかった」というシンプルなものから「買い物が大変だった」「次からもっとうまくやりたい」など成長がうかがえるもの、「毎日弁当を作ってくれる親に感謝」といった親泣かせな感想など、確かに子供の成長を促すのにこの「弁当の日」ほど効果的なものはないのではないか、と思わされた。弁当の思い出を語る投稿文、書きながら号泣したと言う大学生のエピソードなど、私も読んでいて目頭が熱くなった。弁当に関してはうれしい・楽しいと言うより「友達の前でなんとなく気恥ずかしい」という記憶が支配的。「弁当をみんなで作ってきて見せ合い、分け合う」というこんな運動があれば、弁当をもっと楽しめたかもしれないなあ。

  • お弁当のなかにある
    家族への感謝の気持ちなど
    心が温まる話でした♪( ´▽`)


    わたしも母に
    毎日お弁当を
    作ってもらっていますが、
    当たり前のことではないと
    改めて気づくことができました。

    食の大切さにも
    気づけた本に出会えましたヽ(´o`


    これからは感謝の気持ちを
    忘れずに
    母のお弁当を食べたいです*\(^o^)/*


    わたしも将来
    子供が出来たときは
    食の大切さを教えられる
    母親になりたいと思いました。

  • 熱い行動力、周りを巻き込む力。読んでいて圧倒されました。

  • 弁当の大切さがよく分かる。
    母に感謝。

  • 弁当力で食育になり、相手を想いやれ、セルフマネージメントも身につく。学んだことが行動に変化しないと意味がない。台所に子供がたてる環境を考える。

  • 最近弁当作ってない
    弁当止めてから太った気がする

  • お弁当だけでなく、料理はマネージメントトレーニングになると感じていたので、この本の書くことがすーっと理解できた。会社でも弁当の日を作れば、プロマネ力がアップするかしらなんて考えた。
    色んな世代の人達に読んで欲しい。

  • 九州大学農学研究院助教である筆者が、弁当には社会を変える力がある、と説く。

    毎朝母親に弁当を作ってもらっている子供は感謝の気持ちを学ぶことができるし、自分で弁当を作っている人は、それを通して創意工夫の大切さや食の問題などなど色んなことを学ぶことができる。

全66件中 1 - 25件を表示

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるに関連する談話室の質問

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるを本棚に「積読」で登録しているひと

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるの作品紹介

一昨日の夕食は思い出せなくても、弁当の思い出は、鮮やかによみがえる。心の中に弁当が刻まれている。それが弁当の力だ。きっとあなたも弁当がつくりたくなる。人気コミック『玄米せんせいの弁当箱』にも関わった佐藤剛史が、あなたの「手づくり弁当」の思い出を、強い力に変える。

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるはこんな本です

ツイートする