執事の誘惑 (CROSS NOVELS)

  • 45人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (8)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 弓月あや
制作 : 麻生 ミツ晃 
  • 笠倉出版社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773003949

執事の誘惑 (CROSS NOVELS)の感想・レビュー・書評

  • 執事・伊織×大金持ちの跡継ぎ候補の高校生・蒼のカップリングです。
    誘拐監禁の上、女装、行儀見習い(調教?)、執事攻め・・・(^_^;)
    っといったようなことが出てくるお話が好きな方には
    お勧めかと思います(#^.^#)

  •  思った以上によかったです。
     読み終わった後に、思わず、この作者さんの書いた他の話を読んでみたい! と思うくらいに。

     まず、蒼がしっかりと芯の通ってるけど、ピュアで可愛い。
     実際の場面であれば、そんなに簡単に伊織を信じていいわけないような気もしますが、他に頼れる人がいなくて、魔法のように優しい言葉をかけてもらったら、ついうっかりフラフラしちゃっても仕方がないかなー、と。
     それにそんなに不自然ではなかったですし。
     ただちょっと本当、催眠術的な感じはありましたが。

     攫われて、あれよあれよと言う間に、遺産相続に巻き込まれてしまう。
     そして、振り回されてるうちに、無事に落ち着くんですが。

     その間にちらほら垣間見える
     なんだか催眠術みたいな伊織の優しいやり方と。
     蒼の素直でまっすぐな心のゆったりした動きと。
     わかりにくい伊織の嫉妬が。
     とってもいい雰囲気の小説になっていたと思います。

     状況だけ見れば、いきなり攫われて監禁されている、というかなりハードな状況であるにも関わらず。
     伊織が緩衝材になって、かなりおっとりした状況にさせてるなー……と思います。
     さし絵とも小説の雰囲気がよくあってて、すごくよかったです。

     全体的に調和がとれている話でした。

  • 可憐な少年とツンデレな執事…主従関係とかそそるフレーズばかりで、内容としても両親を事故で無くした主人公が実は…という話しでここでネタばれするよりも実際に読んで頂けたらと…と思います。
    物腰柔らかで冷静な執事が激しく主人公の少年をだK…(ry
    そんな場景に強く惹かれました。若干壊れ気味なレビューになってしまいましたが、表情豊かな挿絵といいお気に入りの1作です。是非ともご賞味ください。

  • レーターが好きな人だったのと、執事にひかれて購入。

全5件中 1 - 5件を表示

執事の誘惑 (CROSS NOVELS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

執事の誘惑 (CROSS NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

執事の誘惑 (CROSS NOVELS)のKindle版

ツイートする