身代わりの蜜月 (クロスノベルス)

  • 53人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (5)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 秋山みち花
制作 : 六芦 かえで 
  • 笠倉出版社 (2010年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773085105

身代わりの蜜月 (クロスノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは好きだな!設定が好き。しかし、誤解が解けたときのレオニードを読みたかったなー。渚たまったもんじゃないよね。

  • マフィア×音大生
    タイトル通りの健気受け。安心の甘々なお話です。

  • スマートな紳士と見せかけて、実に傲慢なレオニード(攻)なるほど、マフィアですね。凪(受)のけな気さにやられました。
    レオニードはこれから凪をとってもとっても甘やかしそうですね。

  • (あらすじ)
    愛してはいけない人に抱かれてしまった

    「復讐の掟に従い、相応の罰を受けてもらう」
    留学生の凪は自身の起こした事故で、マフィアのボス・
    レオニードを失明させてしまう。
    だが、組織に捕らわれた凪の前に現れたレオニードは、
    凪を恋人と間違い、優しく抱き寄せてきた。
    誤解されたまま偽りの恋人を演じる自分に
    惜しみない愛情をくれる彼に、次第に惹かれてしまう凪。
    そして迎えた初めての夜。
    凪は拓かれる痛みを堪え、ただレオニードに縋りつくしかできなかった。
    抱かれている時だけは彼は自分だけのもの。
    そんな儚い幸せを感じてしまい……。

全6件中 1 - 6件を表示

身代わりの蜜月 (クロスノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

身代わりの蜜月 (クロスノベルス)の作品紹介

「復讐の掟に従い、相応の罰を受けてもらう」留学生の凪は自身の起こした事故で、マフィアのボス・レオニードを失明させてしまう。だが、組織に捕らわれた凪の前に現れたレオニードは、凪を恋人と間違い、優しく抱き寄せてきた。誤解されたまま偽りの恋人を演じる自分に惜しみない愛情をくれる彼に、次第に惹かれてしまう凪。そして迎えた初めての夜。凪は拓かれる痛みを堪え、ただレオニードに縋りつくしかできなかった。抱かれている時だけは彼は自分だけのもの。そんな儚い幸せを感じてしまい…。

身代わりの蜜月 (クロスノベルス)のKindle版

ツイートする