Eden―白衣の原罪 (クロスノベルス)

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 日向唯稀
制作 : 水貴 はすの 
  • 笠倉出版社 (2013年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773086706

Eden―白衣の原罪 (クロスノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次は愛染か?(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

Eden―白衣の原罪 (クロスノベルス)の作品紹介

「-二度惚れしちまったじゃないか」自ら望んで刑務所医になった新米医師・真弓は塀内で、かつて一夜を共にした極道・虎王と再会する。逢瀬は短くも濃密な二人の関係は、突然の彼の失踪で終わったはずだった。真弓は嬉しさのあまり、罪だと理解しながら深夜の医務室で虎王に抱かれてしまう。どんなに時が過ぎても、真弓の身体は男の愛撫を憶えていて初めてのように甘く震えた。だが五年前のあの日、何故姿を消したのか-はぐらかしてばかりの虎王に、真弓はなにか秘密があると感じるが!?

ツイートする