白の団と黒い王子 下

  • 18人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 三輪 士郎  小池 倫太郎  秋元 一剛 
  • 笠倉出版社 (2013年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773086942

白の団と黒い王子 下の感想・レビュー・書評

  • コナンドイルの本だら楽しみにしていたのに。
    ヤングアダルト向けとはいえあまりに訳が少女マンガ寄り。大人が耐えられる文体ではなかった。

  • そして戦いに行くまでと、戦いの最中と、その後。

    騎士として誇り高く生きているのは分かるのですが
    正直、あちらでこれが普通なのか尊ばれるものなのか
    基準が分からないので計る事ができません。
    というのもありますけれど、さすが戦いの最中というか
    何というか…死人が多い。
    今まで話していたと思ったら、ぱたぱたと消えていく。
    確かに『知っている』人物なので、ぎょっとはします。

    当然というか何と言うか、友人達は無事。
    後、性別間違えてませんか? と聞きたくなるほど
    あっちこっちの女性に粉かけてる人はいいのでしょうか?w
    最後にはびっくりのすたすた展開がまっていますが
    その前のお父さんの発言。
    これは上巻ちらり登場のあれがいなくなったからなのか。
    でも確かに、あれは身内にいりません。

全2件中 1 - 2件を表示

白の団と黒い王子 下の作品紹介

勇気を奮ってツンデレ美少女・モードに告白するが、その返事を保留されつつも緑のベールを手渡されたアレイン。モードの父、時代遅れな騎士道の追求者で決闘狂の殿様・ナイジェル卿の従騎士となり、白の団とともに黒太子のスペイン遠征に参戦する。決闘、馬上槍試合、篭城戦、神秘的な霊視、フランスからピレネー山脈を越えての大侵攻-恋と騎士道をひた走る、コナン・ドイル渾身のツンデレラブコメ&戦記がラノベ新訳で登場!

ツイートする