お稲荷様のおねだり (クロスノベルス)

  • 51人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 火崎勇
制作 : 高崎ぼすこ 
  • 笠倉出版社 (2014年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773087130

お稲荷様のおねだり (クロスノベルス)の感想・レビュー・書評

  • お稲荷様・翡翠×喫茶店オーナー・誠一郎。ケモミミもふもふファンタジー、表紙買いです。作品としては可愛い? プリンが大好きな甘党の翡翠がいいですねぇ♪ 固めのプリンが食べたくなります! 内容はう~ん… 恋愛面が薄味かな、あと最後の誠一郎の正体云々はいらないような気がする。後書きにあったシチュを入れてくれてれば… って心底思いますw ぽすこさんの表紙と挿絵が素敵でした♪

  • お稲荷様なのに揚げじゃなくてプリンが好き。しかも手作りプリン(笑。かわいいお稲荷様が攻めのお話でした。

  • とにかく翡翠が可愛かったwもっと俺様な神様かと思ったら思いのほか人間社会に馴染んでたり誠一郎の言うこと聞いたり可愛いです。二人のラブラブな様子がまた見たいなー。というかあとがきに書いてあったお話読みたいです

  • 翡翠と末長くラブラブしてほしい。

  • ぼすこさんの表紙絵、神!好きだ♡(しばし魅入る)「おじいちゃんを一人にしないでいてくれて、ありがとう」にジーンときた。誠一郎(受)は良い子で男前だしモフモフ翡翠はイケメン狐!ふぁんたじー♡火崎さんの後書きにある翡翠の友人狐と誠一郎を取り合うとかのドタバタ、読みたいです。続編をぜひ!SSペーパーはエチの時痛くないようにする神力をやめて欲しいと言う誠一郎に困り顔の翡翠の巻(要はイチャコラ)

  • ぼすこさんもふもふ買いです!最近火崎さんとの相性がよろしくなくて あらすじ買いしてたのですが、こちらはもう表紙に惹かれて迷いに迷って購入しました。 お話的にはまぁ可愛いというか男前なのか?とちょっと微妙な感じの受でしたね。 もふもふは堪能できたんだけれど、恋愛的には微妙かな。

  • 表紙とタイトルロゴかわいい^^ もちろん中身もかわいい、というより翡翠がかわいかったwイケメンがプリン好きというベタなギャップ萌えではあるけれど、かわいいものはかわいい(˘ω˘)

  • ★3・5
    表紙やプリンっていうイメージから、可愛らしいモフモフなのかと思ったら、買収問題が絡んできてせっかくのモフモフ設定が生かしきれてない感じでもったいなかったな~。狐のモフモフ描写は良かったけど。誠一郎が実は金持ちだったっていうのはびっくり。あとがきに書かれてたその後の話の方が表紙のイメージ通りでこっちをぜひ読みたい(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

お稲荷様のおねだり (クロスノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お稲荷様のおねだり (クロスノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お稲荷様のおねだり (クロスノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お稲荷様のおねだり (クロスノベルス)の作品紹介

「お前を守ってやるから、今日から俺を奉れ」お稲荷様が祀られた小さな祠のある古い喫茶店-そこは亡き祖父の思い出が残る大切な場所。だが会社を辞め、その店を継いだ誠一郎は、予想以上の厳しい経営に青ざめていた。打開策もないまま開店休業が続くある夜、ようやく訪れた客は、長髪・着流しの怪しい男。しかも無銭飲食した挙げ句、また明日も来てやるという。あまりの傲慢発言に憤る誠一郎だったが、更にその男・翡翠が告げたのはとんでもない秘密で-!?トナリの神様×喫茶店オーナーのミラクルラブ。

ツイートする