銀狼の婚淫 (クロスノベルス)

  • 83人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (5)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 華藤えれな
制作 : yoco 
  • 笠倉出版社 (2014年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773087468

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀狼の婚淫 (クロスノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イラストからお伽話のような雰囲気が醸し出されている。話はわりとあっさり目。

  • ★3.5

    狼さんとのお伽話

    華藤先生の作品はほんと、小旅行している気分になれる。特にこの作品は恋愛云々より風景描写の方が鮮明に印象に残った。旅行行きたい。

  • yocoさんのイラストが眼福だった。話は…タロに免じて何も言うまい。

  • 愛生の自己犠牲発言が引っかかった。死にたがりか。あと、ルドルフがヤバイだのエロいだのウザいだの言ってて冷めた…。侯爵がそんな言葉使うだろうか…。

  • yoco氏につられて購入。華藤氏のクロスノベルズはヨーロッパ名所紀行ですねプラハにまた行きたくなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

銀狼の婚淫 (クロスノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀狼の婚淫 (クロスノベルス)の作品紹介

銀狼に助けられた事しか幼い頃の記憶を持たない孤児の愛生は、古城に住む孤独な金持ちを介護するため、ボヘミアの森にやってきた。老人だと思い込んでいた愛生の前に現れたのは、事故の後遺症で隻眼、片足に不自由が残る美貌の侯爵・ルドルフだった。城を囲む広大な森で狼を保護している彼なら、あの銀狼を知っているかもと期待に胸を膨らます愛生。だが淫らな婚姻を結び、子を孕める花嫁以外は城には入れないと言われ-!?

銀狼の婚淫 (クロスノベルス)のKindle版

ツイートする