カードゲームでたのしい授業 (やまねこブックレット教育)

  • 2人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 淀井泉
  • 仮説社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773502770

カードゲームでたのしい授業 (やまねこブックレット教育)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  楽しみながら学べるカードは,教育用にも多くの種類が発売されています。本書には,そんなカードゲームの紹介もありますが,それよりも,「カードゲームの楽しさというのはどこにあるのか」ということを具体例を挙げて示してくれているところが,とてもユニークです。
     紹介されているカードゲームは,既存のかるたを利用してできる応用範囲の広い「○○めくり」「かるたdeビンゴ」「配膳式かるた」といったものや,著者が考え出した「足算」というものがあります。「足算」は,動物の足の数に注目しながら,10のまとまりをつくるというゲームです。

     楽しいものは今すぐにはわからなくても何かそこには本質的なものが含まれている」(板倉聖宣)という言葉をもとにして,かるた取りゲームの楽しさの源泉に触れようとする著者。
    「競争することが楽しいと思われているゲームでも,その競争を支えている別の楽しさがきっとあるはずです。それを見つければ,能力差を超えてみんなが楽しめるゲームに改造することができるでしょう。」(本書27ぺ)
     そして,見つけた源泉が「カルタの本当の楽しさは,読まれた札を見つけて取ること」。
     こんな単純なことになぜ気づかなかったのか。いや,単純だから気づかなかったのでしょう。
     子どもたちは,カードを取るだけで,楽しいんですね。なのに競争して,取れなくなると,途端に楽しくなくなります。
     ここで,私は,思いました。
     よく,家族でカルタをするときに,大人がわざと負けてあげるっていうことがあります。子どもが負けると,腹を立てるからです。でも,これって,何かがおかしいと思ってきました。
     そうじゃなくて,「配膳式かるた」の原理を使って,個々の前に,配給されたかるたを置いておいて,それらのカードを誰にも邪魔されずに取るだけで,子どもは満足するのではないか。そうすれば,大人がウソをつく必要もなくなるのではないか,そんな風に思うのです。

全1件中 1 - 1件を表示

カードゲームでたのしい授業 (やまねこブックレット教育)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カードゲームでたのしい授業 (やまねこブックレット教育)の作品紹介

まるまるめくり,足算(あしざん),かるたdeビンゴ,配膳式かるた,といったカードゲームを紹介。どれも準備も簡単で,すぐにできます。なおかつ,子どもたちの競争意識をあおることなく学習効果もあがるので,大人気。全国の支援学校・学級で大きな支持を得ています。

カードゲームでたのしい授業 (やまねこブックレット教育)はこんな本です

ツイートする