アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ

  • 124人登録
  • 3.94評価
    • (16)
    • (18)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
制作 : Mohsen Makhmalbaf  武井 みゆき  渡部 良子 
  • 現代企画室 (2001年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784773801125

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カンダハールで観て感じた事を数字や歴史できちんと補足され、よく知らないけどメディアにより何となく不気味に感じていたこの国のはっきりとした論理が見えた。

  • あの荘厳な石仏は壊れるべくして壊れたという事なのでしょう。まさに因果そのもの。

  •  10年以上前に書かれた本だが、未だにほとんど状況は変わっていない。 
    筆者は100万人ものアフガン人が飢えと内戦で苦しむ中、世界は無視をし続けてきたのに、バーミヤンの大仏が破壊されると知るや、急激に注目をあつめるようになったことを揶揄している。
     ロシア、アメリカ、そして近隣諸国の思惑に振り回され、石油やその他の権益がないため、誰からも救いの手を差し伸べてもらうことができないという悲惨な状態となっている。
     アフガニスタンは石油の豊富なイランから250年前に分離し、農業、工業も発展しないまま、干魃によりさらなる貧困に陥っている。また麻薬による収入もわずかに5億ドルで、これは人々に1日パン一切れしか行き渡らない。ゆえに「仕事」としての戦闘に人々は参加する。
     アメリカは、あちこちで近代主義の押し売りをしているのにもかかわらず、アフガンを救おうとしないのは、アフガンには石油がないからだ。そしてタリバンが東洋、イスラムに対する醜悪なイメージを作り出すことで、イスラムの拡大に対し、世界が反発を抱くようになるからだ。

  • 著者はイラン人の映画監督。
    ページ数としてはそれほど多くありません。集中して読めば、恐らく2時間ぐらいで読み終えられるぐらいの分量です。が、読了後に残る印象は強烈です。

    刊行されたのは2001年11月。アメリカの戦争大好きバカ大統領がアフガニスタンに余計なちょっかい出し始めた直後の時点の話です。

    アフガンにある程度かかわっている人であれば、ここで触れられている内容はそれほど目新しいものではありません。が、ブッシュがアフガンにちょっかい出すまで「アフガニスタン」という国について知らなかったという人にとっては、これほど衝撃的で、読んでいて辛くなる内容もないでしょう。

    読み進める中で、メディアが極悪非道な存在として報道する「タリバン」(本書中では「ターリバーン」と記載)が政治的にどのような存在なのか、またそれを構成する個人個人はどういった人々なのかが分かります。一概にタリバンのすべてを「悪」と言い切れないという点が、ここからは読み取れます。そこだけでも一読の価値はあります。

    著者が指摘するアフガニスタンの根本的な問題、そしてアフガニスタンが救われるために求められることは、刊行から10年以上経った今もたいして変わっていないと思います。彼らに関心を持つこと、そして「アフガニスタン」という国全体の問題を見ようとする前に、その国に住む人々の姿を直視することが何より重要です。

  • 今までアフガニスタンの実情についてまるで知らなかったのに気付かされた。

    アフガニスタンに住む人々が未だに一つとなって結束できない理由が分かった。

  • 私は、アフガニスタンの石像が破壊されたとき、ああ、こんな貴重な文化遺産までも破壊されてしまうんだと悲観したことを覚えている。そのとき、その下で飢餓に苦しむ多くのアフガニスタンの人々がいたことに対しては想像すらしなかった。
    この本はアフガンへの「報復」が始まる直前に発行されたもの。それまででさえ、内戦や飢餓に苦しんできたアフガニスタンの人々は、いまどんな状況にあるんだろう。

    ただ、中村哲さん著「ほんとうのアフガニスタン」の中にあった、本当に何か助けるのだとすれば、そこでの「普通の生活」が明日もあさっても続いていくように手伝いをするということなんだ、現地の人々の生活の中に入って、そこでの文化、習慣を十分に理解し尊重し必要なことを淡々と行うという思想とは違い、現代の発達した文化とアフガニスタンを統一できる政府が必要という角度には腑に落ちないものがあった。
    でもどっちが本当に正しいかは私にはわからない。だからこそ、もっとこの国のことを知りたいと思った。
    知らないことばっかりだけど、この世界で起きてること、少しずつ知っていきたい。

  • この監督の映画が好きで昔よく観た。メタファーであふれているのに退屈しない。メッセージが心を射抜いてきた。
    彼の作品に共通するそんなストレートさが、この本にも象徴されている。

  • 読みたい。

  • 21世紀のアフガニスタンには映画産業もシアターもない。かつてはインド映画を上映するシアターが14あった。
    アフガニスタンでは部族意識が彼らのアイデンティティの基盤。
    自分をアフガニスタン人と認識することはない。パシュトゥ人であり、ハザラ人であり、ウズベク人であり、タジク人なのだ。いまだに異なる部族間での結婚はしない。
    今日のアフガニスタンで唯一現代的なものとは兵器である。
    アフガニスタンの山岳部は水も恵みというより災難。交通が困難な農耕に適さない国土。
    アフガニスタンは麻薬が世界的に有名。
    アフガニスタン人口の30%が移民として海外に出て行ってしまった。難民だ。
    イランに行くのはハザラ人でペルシャ語を話すシーア派だが、顔つきはモンゴル人のようなアフガニスタン人はイランの秘密警察に捕まってしまうことがよくあった。パキスタンに行くのはパシュトゥン人は区別がつかない顔つき、言語、宗教も同じ。だが、よい仕事は見つからない。
    アフガニスタンでは、過去20年に戦争や飢餓で約250万人が死んだ。

  • . 読了メモ。M.マフマルバフ『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』。イラン人の監督によるアフガニスタンのレポート。統計による数字、歴史、文化の考察から、先進国がアフガニスタンという言葉にもつイメージを破ろうとする。

全19件中 1 - 10件を表示

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだに関連するまとめ

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだを本棚に「積読」で登録しているひと

アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだの作品紹介

映画『カンダハール』で世界的な注目を集めるイラン映画の巨匠が、苦しみにある隣人のために綴り、アフガニスタンへの世界の無知に差し出したメッセージ。

ツイートする