日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)

  • 11人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河竹登志夫
  • かまくら春秋社 (2007年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774003719

日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 狂言

    文楽人形遣い
    歌舞伎
    日本舞踊
    雅楽
    長唄三味線
    胡弓
    文楽大夫

  • 住大夫さんのところだけ読んでタイムオーバー。

    他はまだなので次回リベンジ。

全2件中 1 - 2件を表示

日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)を本棚に登録しているひと

日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)の作品紹介

日本の美の中でも、自らの肉体によって創り出し、身体から身体へと伝えられていく伝統の技芸、古典芸能の世界。これを改めて見直そうという企画でした…登場する10人の名人は、どの方もみな著者が芸と人に惚れ込んでいる上に、それぞれに親しく、何でも打ちとけて話していただけるという、自信がありました。ですから芸の秘密はもちろん、対談の随所に、ふつうには聞けない率直な心の内や、ハッとする言葉や、その人らしいエピソード、屈託のない打ち明け話などが、ちりばめられているはずです。ただの芸談とか説教じみた古老の自慢話などではない、未来をさぐりながら、今現在伝統を生き、創っている生々しい言葉の満載。

日本の古典芸能 (名人に聞く究極の芸)はこんな本です

ツイートする