J2EEパフォーマンスチューニング徹底解説―見えないところを手抜きしないWebシステム実現のために (アドバンストサーバサイドプログラミング)

  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774117133

J2EEパフォーマンスチューニング徹底解説―見えないところを手抜きしないWebシステム実現のために (アドバンストサーバサイドプログラミング)の感想・レビュー・書評

  • 10年以上前の本。さすがに少々古い気がするが、パフォーマンスに関するトラブルシューティング方法など基本的なところは今でも参考になるのではないかと思う。

    EJBコンソーシアムの記載が出てくるが今でもあるのだろうか。記載されていたURLではアクセスできなかった。

  • 仕事柄J2EEWEBシステムをよく担当すると必ずこのサーバでのパフォーマンスチューニングに直面します。特に下請けなどで開発を任せた場合、必ずといっていいほどこの問題に直面します。

    長年Javaをコーディングした中で、パフォーマンスを意識したコーディングというのは初心者ではわからないものです。なので若いJava技術者には必ず本書を読んでこの内容を意識して実装するようにと口をすっぱくして言っております。

    意外に知らない技術者結構多いんですよ。特に海外は。。。
    発注したのにも関わらず、性能改善されないので結局自分が直すハメに。。。

    この本を読んでくれ!!

  • かなりの良本。
    Webシステムのパフォーマンスチューニングのイロハがかなり詳しく書いてある。Javaの良い書き方も乗っていて非常に参考になる。

全3件中 1 - 3件を表示

J2EEパフォーマンスチューニング徹底解説―見えないところを手抜きしないWebシステム実現のために (アドバンストサーバサイドプログラミング)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

J2EEパフォーマンスチューニング徹底解説―見えないところを手抜きしないWebシステム実現のために (アドバンストサーバサイドプログラミング)を本棚に「積読」で登録しているひと

J2EEパフォーマンスチューニング徹底解説―見えないところを手抜きしないWebシステム実現のために (アドバンストサーバサイドプログラミング)の作品紹介

本書は、Webシステムのパフォーマンスを確保するという課題に対して、基本的な知識の解説からJavaプログラミングで注意すべきパフォーマンス観点、各種オペレーティングシステムやミドルウェアのコンフィギュレーションがかかわってくるチューニング手法など、非常に多岐にわたって解説するものである。

J2EEパフォーマンスチューニング徹底解説―見えないところを手抜きしないWebシステム実現のために (アドバンストサーバサイドプログラミング)はこんな本です

ツイートする