C言語 入門書の次に読む本

  • 64人登録
  • 3.23評価
    • (1)
    • (1)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 坂井弘亮
  • 技術評論社 (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774117973

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
J・モーティマー...
ロバート キヨサ...
まつもと ゆきひ...
有効な右矢印 無効な右矢印

C言語 入門書の次に読む本の感想・レビュー・書評

  • Fri, 13 Mar 2009

    もうすぐ始まる来年度,プログラミング演習3という新たに開講される
    2回生配当科目の担当になり教材づくりなどもあるので,買ってみた本.
    アマゾンの評価が驚くほど低い.

    C言語を大学で教えるときに,文法を一通り前期にやり,後期のプログラミング演習2では
    アルゴリズムとデータ構造と言うことでリストやソート,木構造などをやる.

    ここで,メモリアロケーションなどもやるんだが,ふと気付くと一回もヘッダファイル作ってなかったり
    する.

    というわけで,この本ではヘッダ,分割コンパイル,コメントつけなど,そういう
    実際上は非常に大事なトコロを紹介している.
    目の付け所はいいのだが,
    アマゾンの評価でもあるように,正直,そんなに読みやすかったり,面白かったりはあんまりしない.
    そのあたりは残念.

  • 文法を習得した次に読む本。
    開発する上での、基礎的な注意点の説明。

全2件中 1 - 2件を表示

C言語 入門書の次に読む本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

C言語 入門書の次に読む本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

C言語 入門書の次に読む本の作品紹介

本書では、C言語で実際にプログラムを書く際の書き方や注意点を解説している。文法事項はすでにマスターしているものとして、実践的なプログラムを書く際の注意点を、理由を付けて詳しく説明している。

C言語 入門書の次に読む本はこんな本です

C言語 入門書の次に読む本の単行本(ソフトカバー)

ツイートする