コンピュータのしくみを理解するための10章

  • 52人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 馬場敬信
  • 技術評論社 (2005年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774124223

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

コンピュータのしくみを理解するための10章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コンピュータの動作の仕組みがわかりやすく説明されている。

  • コンピュータの概要を学ぶのに非常に有用な1冊。0と1の組み合わせによって処理を行う話から、アルゴリズムの話まで、短くわかりやすい文章で記述されている。
    大学の授業で様々なことを学んできたが、それらがコンピュータのどの部分でどのように役立っているのかをいまいち把握できていないような情報系の学生におすすめ。

  • 章構成を見ても,基本を大切にしていることが分かる。
    主な見出しは,
     コンピュータの動く基本
     0と1から
     0と1を組合せ
     簡単なコンピュータを設計する
     0と1を並べて命令やデータを表現する
     機械命令を実行する
     機械命令の実行を制御する
     アセンブリ言語で
     高水準言語
     アルゴリズム
    こんな本が欲しかった。
    専門家でも,自分が知っていることを,この本に書き込んでいけば,
    初心者に何を教えるべきかの教科書が出来上がる事,間違いない。

  • 初心者向けと思わせる表紙の割には、内容はちゃんとしたコンピュータアルゴリズムの解説書。「コンピュータ、ITが苦手だからこの本を読んで基礎力つけよう」などという思いでこの本を手にしてしまったらそれこそ不幸。

  • Windowsの時代にも、こういう本はやっぱり必要。

全6件中 1 - 6件を表示

コンピュータのしくみを理解するための10章の作品紹介

コンピュータはどのように動くのか。ディジタル回路からアルゴリズムまでのステップ。

コンピュータのしくみを理解するための10章はこんな本です

ツイートする