SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)

  • 294人登録
  • 3.12評価
    • (5)
    • (16)
    • (79)
    • (7)
    • (3)
  • 31レビュー
著者 : 深沢隆司
  • 技術評論社 (2006年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774126524

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)の感想・レビュー・書評

  • SEに必要なスキルの二本柱
     ・コミュニケーション力
     ・マネジメント力
    要件定義の段階で、顧客と密にコミュニケーションを取る。
    そうする事で、
     ・スムーズに開発が行える。
     ・認識の齟齬が少なくなる。
    言っている事はこんな感じ。

    自分は今、問題に直面している。その原因はコミュニケーションなんじゃないかと、うっすら思ってた。
    どの単語を使えばイメージを共有できるのかがわからない。相手が何をイメージしてその単語を選択したのかわからない。
    うっすらと思っていた問題に明確な答えを提示してくれた本。
    さて、それを知って、どうするか…。

  • 技術系というよりは、システムエンジニアとしての動き方や仕事の仕方に対する指南書。
    現在は【完全版】が出ているので、こちらは Obsolete かと。

  • まあ、そんなもんかな。
    教科書なので文字通り少し現実離れした理想論が見え隠れしたりもするが・・・

  • SEの仕事、とりわけプロジェクトマネジメントについてざっくりとやるべきことが書かれている。基本的にPMBOKに規定されているプロジェクトマネジメントを実態に合わせて解説しているような感じ。そのためPMBOKでの用語が使われている上、用語説明もなく書かれているので、知らないと主張がぼんやりしてしまうのでは?著者は開発側と顧客側で用語を合わせる、相互理解をすることが重要としている割に、本書では顧客と言うべき読者との用語の相互理解をしようとしていない点から見ると、説得力が下がる。PMBOKと実開発現場の間をつなぐものとしては有用。

  • 当たり前のことを書いているような。でもそれがなかなかできないのも現実。

    顧客からすると簡単にできそうに思われることが実はなかなか実装が難しい…とか、顧客がお門違いなところでお怒り…とかよくあることだけど、これらも説明不足、理解不足、つまりはコミュニケーション不足ということか。

  • 本書は、業務システム開発において大切な考え方・手法を紹介したものである。
    著者によれば、SEにとって最も大切なことが

    ・徹底したコミュニケーション
    ・マネジメントの重要性
    ・徹底、確実、ツメの大切さ

    である。特に、前者について中心に述べられている。
    SEの仕事は、伝言ゲームであると言われている。伝言ゲームをいかに成功させるか。そのためには、相手が考えていることを”全て”汲み取り、自らの考えを”確実に”相手に伝え、「当然わかっているだろう」ということを”必ず”確認する。特に、これは受注者とプロジェクトマネジャの間において言えることかもしれない。

    また、プロジェクトマネジャとSE間、もしくはSEとプログラマー間でのやりとりの秘訣は、Win-Win思考と相手の立場から考えることではないかと感じた。

    他にも、本書から学んだことは

    ・無理はしないこと(自らも、自らの部下も、顧客も)。無理な場合はしっかり伝えること。
    ・相手には伝わらないという前提でコミュニケーションすること。
    ・確実に伝わる手段を考えること(定義書の見る位置、画像の利用、具体的イメージの共有)
    ・最下位のプログラマーが働きやすい環境を作れば、全体が成功する。
    ・最初から完璧を目指すこと(仕様変更やバグ取り作業ゼロを目標に)
    ・慣習や社風にとらわれることなく、最適な手段を常に考えること。
    ・実務システムは、顧客側の現在の業務内容を肌で感じること(実際に2,3日働く)
    ・丁寧さ、確実さ、徹底さを実現しつつも、笑顔を忘れないこと
    ・会議における、プロジェクタの効果的利用法と、いちいち声に出して確認すること。
    ・了承をとりながら議事録をその時その時に完成させていくこと。
    ・小さなことを見逃さない、見過ごさない。
    ・インタフェース部分など、最後の小さなツメで顧客の満足度が大きく変動する。
    ・良い加減にしない、徹底的な話し合いと確認の重要性。
    ・最初が肝心である。さらに、最終までのイメージをきちんと持ち、共有すること。
    ・2次以上の情報は信じないこと。自ら確認し実感すること。
    ・小さな小さなモジュール選択、新たな仕様選択の際も、必ず顧客と確認すること。
    ・伝わらないときは、自らが悪いということ。また、プロジェクトが失敗した場合は、どこかで自らの責任が必ずあるということ。
    ・これは大丈夫と、安易に判断しないこと。
    ・顧客、プロジェクト全体を意識しすぎて、自らを見失わないこと。自らも大切にすること。
    ・自ら、相手が知っていることと知らないことを区別することがとても大切である。
    ・ルールは変えられるということ。

  • SEとしての基本概念を学べる。
    上流工程に関わる仕事をする人、又は上流工程から学んでいきたい人にオススメ。1日約30分で、3週間で読了。

  • 理由わかんないけど、何かイライラするので‥

  • 業務システム開発における最良なプロジェクトマネジメントとは?使いやすさ作りさすさ仕様変更ゼロの実現方法。
    いま一つ説得感に欠ける?!

  • 先週金曜日にSEという内示がされ、その2日後の日曜日に慌てて買いに行った本。笑。

    ●開発プロセス・ビジネスの流れ
    そして
    ●コミュニケーションと
    円滑なそれを可能にするマネジメントがだいじ
    みたいなことが書いてありました。

    「営業寄りなSE」となるだろうということ(勝手な予想)で、この本の内容のような働き方とはまた違うかもしれませんが、
    1%くらい、SEのしごとがイメージできた気がします。

  •  一言で書くなら

     「プロジェクトの最初の段階で、コミュニケーションを密にせよ」ということかな?
     意思疎通の齟齬から発生する不具合を調整できるのは最初の時点だからね。当たり前と言えば当たり前。

     意思疎通の齟齬というのは、専門性の壁もあるけど用語の共通がはかられない事が大いというのは、良く語られることで、この本でも強調されている。


     後興味深かったのは前提条件は確定事項だが、しっかりと確認していなければリスクとなる。ということかな。

     まぁ、これはシステム業界では良くあることで「安易に請け負ったシステムが、実現不可能だった」と化って言うのはまさにこれなのだろう。前提条件が「このシステムは作れる」ということなのだから。

     システムマネージャーが「プログラマは難しいプログラムをするのが仕事だ」と言ってプログラマに無理難題を押しつけるならば、システムマネージャーはプログラマが仕事をしやすいようにプロジェクトを管理するのが仕事なのだから無理だと言わずにやれ。

     と書いてあるのが印象的でした。まさにその通りだと思います。

     主にプロジェクト全体の注意事項であって、個人レベルで出来ることは少ないけれども、SEになる人は読んでおくと良いかも。
     この本に書いてあるのは当たり前だと思う内容でしょうが、当たり前の事が出来ていないことに問題点を見いだせるかどうかだと思うのです。



     PPMというプロジェクトマネージャーの資格があるそうな…。


     

  • SEなりたての時に、お世話になった本。「ITシステムは、本番稼働して終わりではなく、お客様の経営に効果が生まれて、初めて意義がある」ということを学んだ。

  • 税理士の仕事ではIT 関係はユーザーとして利用する形。もちろん会計や税務のシステムの導入支援をすることもある。

    我々の仕事は、チェックしたり、申告書を作ったりわりに一人でやる仕事が多い。

    最近、IT関係の本を読んで感じることはチームやプロジェクトでやる進め方がシステム化されていて、我々の仕事でも参考になるのではないかということ。

    この本はSEの仕事の教科書ではあるが、チームやプロジェクト単位で仕事をするうえで参考になった。

  • タイトル通り、業界ではよく言われることが書いてあります。
    この通りに実際仕事が進んだら、失敗プロジェクトはなくなります。

    やっぱりこういったことを意識していない人がたくさん世にはいるので、
    どこまでいっても、いや、知っていても、わかっていても、できないんです。

    まさに「教科書」ではあるかもしれません。

    新入社員や志を忘れたころに読んでおきたい本ですね。

    しかし、どうしても複数人で「プロジェクト」を進めることから
    遠のいてしまった自分には、他人事のように思えてきました。
    「そう思って仕事してたなぁ」と感じるところはたくさんありますが。

  • 20100831読了。
    SEの中でもプロジェクトのマネジメントをどう行うかについての本。
    コミュニケーションと業務理解の大事さについて語る。

  • ■概要
    自身も長年ソフトウェア開発に携わり、プロジェクト・マネジャーやSEとして数々のプロジェクトを成功に導いてきたという著者が、主に業務システム開発プロジェクトにおけるコミュニケーションのコツや心構えを説いた書。プロジェクト初期、設計段階、開発段階、テスト段階と、フェーズごとに留意点をまとめており、PMBOKの考え方にも触れながら、ありがちな課題を例に解説しているのでわかりやすい。教訓抽出に役立つ。

    ■仕事に役立つ点
    ・SEは作る人と使う人との橋渡し。相互のコミュニケーションをいかに緻密に作り上げるか。
    ・この20年で作る活動は生産性が飛躍的に向上しているのに、作る活動を制御する枠組みは進化の途中である(ゆえに試行錯誤しつつ、うまくいく方法を作り上げたい)
    ・システム開発において生じる問題は、通常、より上流で発生する(ゆえに、次工程への影響も見据えて行動する)
    ・「誰かがやる作業」=「誰もやらない作業」。作業の切り分けは明確に定義する。
    ・初期段階での項目レベルの明確な定義、サンプルの共有
    (千)

  • 会社の人からかりる。

  • 新人の頃に読んでおけば良かったと思う1冊。

  • SEの定義があいまい。
    コミュニケーションが仕事
    会議の進め方とか考えさせられる。

  • 技術的な話じゃなくて、コミュニケーション的な話の本。
    書いてあることはありきたりだけど、ありきたりだからこそいいわねー。
    でも読むには少し早かったかも。
    まぁSE目指してる人、SEなら読んでも損はないかな、多分。
    ちなみに大学の図書館で借りた本。

  • もうすこし具体例など入れるべき きっと実践力があるのだろうけど この内容では机上論で終わっていて残念

  • 2007/09/23購入。何か役立つものがあれば実践しよっと。

  • SEってどんな仕事をするんだろう?
    そう思う人は多いはず。
    そんなSEの仕事を紹介してくれます。

全31件中 1 - 25件を表示

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)を本棚に「積読」で登録しているひと

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)の作品紹介

SEの仕事の成否を分けるのは、コミュニケーションとマネジメントだった!業務システム開発の本質は「人」にあるということをいち早く見抜き、20年以上にわたって開発プロジェクトを次々に成功させてきた著者が、その成功の秘密を公開するSE必読の書。

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方 (技評SE新書001)はこんな本です

ツイートする