マンガ式 IT塾 パケットのしくみ

  • 63人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 技術評論社 (2006年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774128436

マンガ式 IT塾 パケットのしくみの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まあ、ネットワークは専門外の自分でも、だいたい分かってたことかなぁという印象。
    知り合いが容量の大きい写真送りまくってきてパケ死になる恐れもあるわけか。

    ところで、最近どうにも無線LANモデムの調子がおかしいので、買い換えようか迷ってる。

  • ネットワークをどのようにデータが流れて行くのかということに最近は興味があり、色々な情報通信の本を読んだが、イメージを掴みづらく、自分の中で消化不良を起こしていた。
    そこで本書に出会った。


    今では誰もが聞いたことのあるパケット。それがどのようなものか、ということはあまり知られていないと思う。その、パケットの仕組みに焦点を当てたのが本書。
    データの送受信はパケット単位で行われる。データをパケットに分け、情報を付加し、ネットワークを通り、ルータに振り分けられ、受信者に辿り着く。その一連の流れが体系的に把握できる。


    パケット?
    データを小分けして送受信者のIPアドレス、シーケンス番号を付加したもの。

    なぜバラバラに小分けするの?
    ネットワーク上を流れるデータ量には限界がある(帯域)。だから大きいデータが流れると、データの渋滞が起きる。それを回避し、有効、平等に帯域を使うため。

    どのように送られるの?
    ルータというネットワークどうしを繋ぐ門番が、IPアドレスを見てあっちだ、こっちだ、と道案内。

    TCP/IP?
    データを送受信するための約束事。
    TCPは送信者と受信者間の決まり事。送信者はシーケンス番号を付けて送信し、受信完了通知を待つ。受信者はシーケンス番号を送り返すことで受信完了を通知する。
    IPは送り届けるポストマンの決まり事。IPアドレスをみてバケツリレーのように送る。

    また最後にはネットワーク機器の役割紹介もある。
    ちなみに家庭用ルータは
    ①家の中と外を繋ぐネットワークの門番
    ②ハブを内蔵
    ③IPアドレスを各々のPCに振り分ける
    ④外部からの怪しいパケットをブロック
    といった機能がある。


    このように、ネットワークをデータが流れる際に必要な知識を、身近な例えを使って分かりやすく解説してくれている。一度学んだ知識を整理し直すのにもってこいである。

  • ふにゃふにゃゆるゆるしたマンガがかわいい。ネットワークのしくみがイメージできるようになった。

  • ネットワークの初歩を確実に勉強できる!

  • 絵が可愛くて買ったのですがとても分かりやすい!
    マンガ形式なので楽しい♪

全5件中 1 - 5件を表示

マンガ式 IT塾 パケットのしくみを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガ式 IT塾 パケットのしくみの作品紹介

パケットを中心に、ネットワークの仕組みをマンガをまじえてやさしく解説。

マンガ式 IT塾 パケットのしくみはこんな本です

ツイートする