やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)

  • 39人登録
  • 4.14評価
    • (5)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 技術評論社 (2007年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774130644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ペンギン・スタイ...
ペンギン基金
東野 圭吾
デイビッド・サロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)の感想・レビュー・書評

  • こっちは本当にペンギンの本。ペンギンの(ちょっと悲しい)歴史、17種類のペンギン全ての解説、ペンギンの生活と一生からペンギンの祖先の話まで、全編これペンギンまみれ! ペンギン好きならきっと幸せになれます! 私はなれました!(握りこぶし)

  • あふれるぺんぎん愛。「氷の上のぺんぎんは、足が寒くないのか?」その答えがすっきり図示されて、これもまたわかりやすい解説が記されています。手元にあると勉強になる本。

  • ペンギンの生態について分かりやすい解説。エンペラーペンギンの過酷な子育てに感動した。6ヶ月絶食は信じられない。

  • [ 内容 ]
    ペンギンは可愛いだけではない。
    はっきり言って、ものすごい。
    ペンギンの誕生は、実は大昔。
    白亜紀の時代に、恐竜と共に生きていた。
    冬の南極に耐えるやつがいれば、一年中赤道で暮らすやつもいる。
    普通のサラリーマンぐらいなら、軽く叩きのめす腕力もある。
    もう、可愛いだけとは言わせない。
    …というか、言えない。

    [ 目次 ]
    1 ペンギンはなぜペンギン?
    2 あのペンギンはどのペンギン?
    3 ペンギンの体は摩詞不思議
    4 飛んでいるペンギンたち
    5 楽しく過酷なペンギンの一生
    6 ペンギン進化の旅

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  •  ペンギン好きな人は、一度は読んでおくと良いペンギン本。
     著者は、別にペンギンの研究者というわけではなく、ペンギンの生態に興味がわいていろいろ調べていくうちに詳しくなったとおっしゃるイラストレーターさんでいらっしゃいます。(ご自身のサイトの一部にペンギン中心のサイトを持ってらっしゃいます。)
     それだけに、ペンギンをキャラクターくらいでしか知らない人にも読みやすいでしょうし、ちょっと興味をもってペンギンについて調べてみたことのあるひとにも楽しく読めると思います。←自分はたぶん、この本を初めて読んだ時は、その中間くらいだったろうと思うのですが――とてもおもしろかったです。

  • かわいいだけがペンギンじゃない!
    日本ではグッズや本でいやし系として親しまれているペンギン。
    でもあなたはどれほど彼らのことを知っていますか?
    注意:ペンギンをかわいいと思えなくなるかも…
    <手書きPOPより抜粋>

  • 著者の専門分野は、ペンギンではなく、絵ということですが、専門家の監修つきですし、内容はしっかりしている、と思います。
    ペンギンについての、生物学的な知識がまったくない読者にも読みやすい本です。
    写真もイラストも豊富ですし、お勧めです。

    〈読了日:2009.1.1〉
    〈所在:図書館(067200712085)〉

  • ペンギン可愛い。写真はそんなに載ってないけど、ペンギン好きにはたまらない一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やっぱりペンギンは飛んでいる!! (知りたい!サイエンス)はこんな本です

ツイートする