クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)

  • 78人登録
  • 3.54評価
    • (5)
    • (8)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 西成活裕
  • 技術評論社 (2007年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774131245

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)の感想・レビュー・書評

  • テレビの渋滞を科学する番組を見て著者を知った。タイトルも面白く、値段もあまり気にせずに購入した。車の渋滞で「サグ部」という言葉を覚えたのも本書だった。スーパーのレジ待ち、アリの行列、そして災害発生時の避難方法など、取り上げる例も判りやすくて良かった。

  • なにげなく手にとってみた本だったのだが、意外に内容が面白くてお気に入り。セルオートマトンとか馴染みのある単語が日常生活のイライラ要素(渋滞/行列)に深くかかわっていたせいだろうか。

    まだ新しい学問分野らしいのだが、これをうまく(わかりやすく)紹介している一冊。これからこの分野の学問がどのように進展していくか、興味を持って眺めていきたい。そんな気持ちにさせる本でした。

  • セルオートマトンをもっと深く知りたいなと思える本。たまに脱線する部分もあるが、楽しんで読めた。渋滞学は奥が深い。

  • 渋滞学を扱ったものの中では、入門書としては分かりやすい良書だと思う。

    渋滞を密度と一定時間内に通過する数としてとらえる「基本図」が始まり、数学者のノイマンが提唱した「セルオートマン」のモデル(モデルはモデルであって、実際とは異なるが数式化、データ化がしやすくな)をもとにいろいろな渋滞に対して、科学的なアプローチをしている。

    準安定状態、フォーク待ち、電車、踏切、スーパーのレジ、動物の渋滞なども扱っており、渋滞学に興味がある人は、この本から入る方が例示がわかりやすいと思う。理論化が少し進んだほうが、図解雑学「渋滞学」だと個人的には思う。

  • 図解雑学 渋滞学より判り易かった。1時間程度で読める、初学者必読の書。

  • 中学生向きに書かれた「渋滞学」の本。新潮選書版より、さらに分かりやすくなっている。子供だましの分かりやすさとは異なり、大人が読んでも十分に楽しめる。車やアリだけでなく、我々の日常で見られる様々な行列(や人混み)の実例をこれでもかと出しまくっていて、よくこれだけ気がつくものだと思った。
    そんな本書の一番の見せ場は、最終章において、公共空間で皆が効率よくスムーズに歩くための個人の心得を列挙しているところである。ここには、科学者としてではなく、行列ウォッチャーとしての西成先生の人となりがストレートに反映されているように思えて、とても興味深い。

  • かなり丁寧に解説されていて、わかりやすい。

  • すべての渋滞や行列に共通する法則を見つけて定量的に計測する。こんどレジ待ちの行列が長い時に「リトルの法則」試してみよう。

  • フォトリしかしてないけど、通読しても良いかも。

  • ちょっと興味があり読んでみました。

    「渋滞学」より簡潔に書かれているかと思われるが、
    数学の話も含まれているので、数学音痴は自分にとっては若干難しいような気がしました。

    ただ何となく、
    渋滞の起こる事象や理由は分かった気がします。
    でもまだまだ研究が足りない分野らしく、
    渋滞の解決する画期的な手段はまだまだ未解明とのこと。
    そのような方法が見つかったら是非とも実践してもらいたいです。


    我々が渋滞解消できる簡単なことは、

    ・歩きケータイをやめる
    ・歩きタバコをやめる
    ・電車の中でリュックサックを背負わない

    等があるとのこと。これぐらいは簡単に実践できそうです。

  • 渋滞というものを考えてみたくて図書館で借りる。渋滞学という新たな学問の分野を切り開こうとする気鋭の学者の作。身近なテーマだが、そこに向けられる視線は非常に鋭く、分析の手法や言葉の定義にも手抜きがない。勢い本書も一般の人にはかなり難しい内容になっている。僕も難しくて読み飛ばし気味だ。パッケージや書名のキャッチーさで買った人は公開するに一票。

全11件中 1 - 11件を表示

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)の作品紹介

渋滞という言葉で何を連想するだろうか。ノロノロ運転の高速道路か信号待ちの車列か、いずれにしても不快感をともなう光景が脳裏に浮かぶ。本書で解説する渋滞学は、渋滞に関する学問ではあるが、日常で使われている「渋滞」という言葉をかなり広い意味で使っている。スーパーのレジ待ちの行列、朝の満員電車、人気絵画前の人混みなど、混雑や行列は日常いたるところで見られ、そしてどれも渋滞学の対象となる。本書ではこれら広い「渋滞」がなぜ、どのようにできるのかを解明しそれを避ける方法にも触れる。

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)はこんな本です

クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相- (知りたい!サイエンス)のKindle版

ツイートする