星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)

  • 77人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (6)
    • (10)
    • (0)
    • (2)
  • 8レビュー
著者 : 柴田晋平他
  • 技術評論社 (2007年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774131979

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
デール カーネギ...
沼澤 茂美/脇屋...
三浦 しをん
ミヒャエル・エン...
松下 幸之助
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教本みたいな感じなのでうまくまとめてはいるのかもしれないけれど読み物としては面白味なし。

  • 星空案内人というのは民間資格なんだが、まあ星というか、天文について多少は詳しいおっさんというような位置づけでいいだろうか。まあ、いいや。
    星空案内人になるにはテストではなくて実習を含んだ講義を受講することになるので、天文にこれから親しみたいという人などにもいいかもしれない。
    星空案内人がカバーする範囲はいわゆる自然科学としての天文学だけでなく、星座等に関する神話・民俗学や夜空から実際に星を見つけられることなども含むので、文芸活動が好きな人やキャンパーやノジュッカーのようなアウトドア派などの広範な対象を含むことになるだろう。だから多少苦手なことがあったとしても自分の得意分野で特化すれば、自分なりの星空案内人になれるということだろう。苦手な所は詳しい人にフォローして貰えばいいのだ。
    逆に言うと、この本は星についての概説書とも言えるがこの本(また星空案内人講座)で得られる知識は当該分野の最低限の知識と考えるべきだろう。読み物として消費するだけならともかく星空案内人としてなにがしか思う所があるのであれば、本書は読んですぐにでも乗り越えるべきものである。学ぶことに終わりはない。

  • 星空案内人への入門書。
    星のソムリエ資格取得のための教科書

  • 文章が平易すぎて読みごたえがない。文章と図の対応もあまりない。宇宙の構成を国や地域に例えたり,わかりやすさを重視しすぎて話が脇道にそれすぎている。巻末の索引,参考文献など資料的価値はそれなりに高い。

  • 請求記号・442/Ho
    資料ID・100061849

  • 宇宙関連の本は結構多いけど、天体観測会や星空案内を開くための知識、という視点から書いたものは珍しいなと思いました。人に望遠鏡を使わせるとか人気の天体はとかなかなかない話題で面白かった。

  • “星のソムリエ”と呼ばれる“星空案内人”という資格を取得する人用の参考書のようですね。

  •  星空や宇宙の楽しさを教えてくれる「星空案内人」、通称「星のソムリエ」の資格認定講座のテキスト本。
     洋の東西の星空の文化、太陽系から宇宙論までの天文学概論、星座の探し方から望遠鏡の使い方、そして観望会の実践まで、「広く、浅く」を貫いた、星と宇宙の入門書になっています。
     個々の項目は物足りなさを感じる部分があるのですが、広範囲の基本をしっかり押さえているのがテキストたる由縁。この内容を他人にきちんと説明できるようになれば、立派です(私にはまだ無理)。
     観望会の実践について書かれた部分は、一般の方々を対象にする際の留意点や注意事項など、参考になることが書かれています。 

全8件中 1 - 8件を表示

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)はこんな本です

ツイートする