[改訂新版] これからはじめるプログラミング基礎の基礎

  • 178人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (15)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 谷尻かおり
制作 : 谷尻 豊寿  谷尻 豊寿 
  • 技術評論社 (2008年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774137100

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
東野 圭吾
村上 春樹
ジェームス W....
堀江 貴文
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

[改訂新版] これからはじめるプログラミング基礎の基礎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 回りくどいし抜け漏れがある。
    基本情報技術者の本を買ったほうが、
    網羅されてるし体系的に学べる

  • 基礎の基礎。メモリをもっと深ぼりたい。

  • プログラミングについて、どんな世界観かをつかめるようになる本

  • 基礎の基礎としてはいい本かと思うところと、少しでもプログラムに触れてないと全くピンとこない部分もある。
    例に挙げるのはいいご周りくどい、分かりにくいものもある

  • プログラミングを読み物として書いたもの。プログラミングをかじった人なら知ってる内容ばかり。しかしそれゆえに読みやすかった

  • 【概要と感想】
    プログラミングの基礎の基礎を教えてくれて、プログラミング言語の理解を早めてくれる本。

    仕事でプログラミングが出来るようにならないといけないとか、これからプログラミングを習得しようと思っている人の
    入門の入門書としてかなりオススメの1冊。

    プログラミングの説明の前にコンピューターはなぜ動いているのかの話から入り、
    それ自体がプログラミングの説明につながっていく。

    差書はよくわからなかった、「箱に値を入れる」という考え方についても、
    プログラミング言語を学んでいくと、こういうことだったのか!と理解を促進してくれます。

    また、授業だとただ「そういうことだから覚えなさい」とされてしまう言葉や機能についても、
    どういう機能で、どう使うとどう便利なのかが分かりやすく説明されていていい感じ。

    プログラミングを本格的に勉強して大きくつまずく前にこの本を読んでつまずきを小さくするのがいいかも。
    まあ、自分はあまりプログラミングしなそうなのですが…

    【入手経路】
    プログラミングを勉強するかもしれない、ということもあり、オススメされていたので購入!

  • プログラミング言語についての個別の解説はないが、考え方がよくわかる

  • ちと求めてるものと違った気がしたけど、読んでみるとタイトル通り、基礎の基礎が分かるかなぁ。

  • とってもいい本でした。

    私は大学の授業で簡単にプログラミングを習ったのですが、動かすことが出来ても自分が何をやっているのかわからない、と感じることが多かったです。ですが、この本のおかげでそういった気持ち悪さはほとんど全てなくなりました。

    コンピュータの構造の簡単な解説から始まり、データがコンピュータの中でどんなふうに処理されているか、プログラムを作るまでの流れ、超基礎的な専門用語の解説などを何度も繰り返し説明しています。
    少しでも「あれ、この言葉さっき出てきたけどなんだっけ?」と読者が感じそうな部分には、必ず注釈や参照ページが添えられていて本当に読みやすいです。こんなに読みやすい本ってジャンルを問わず滅多にないのでは…と思いました。

    プログラミングをこれから始める人、既にやっているけど裏側がよくわかっていない人、におすすめします。

  • 疑似プログラミングなど参考になった

全17件中 1 - 10件を表示

谷尻かおりの作品一覧

谷尻かおりの作品ランキング・新刊情報

[改訂新版] これからはじめるプログラミング基礎の基礎を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

[改訂新版] これからはじめるプログラミング基礎の基礎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする