プログラミング言語を作る

  • 105人登録
  • 3.90評価
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 前橋和弥
  • 技術評論社 (2009年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774138954

プログラミング言語を作るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プログラミング言語を書こうと思い始めたきっかけの本で、コンパイラの仕組みがよくわかりました。複数の言語を作る経緯と、そのフルコードへのリンクが入っているのがとてもよかったです。

  • 2014年8月15日から3日間は、この書籍を勉強することにした。
    gcc(LLVM+clang), yacc, lex(flex)を使い、OS X上で2つのプログラミング言語(rowbarとDiksam)を開発する。
    http://kmaebashi.com/programmer/devlang/
    このWebページとブログが書籍化されたもの。

  • 電卓、crowbar、あとがきのところだけ読んだ。電卓レベルのものは作れるようになると思う。実用的なプログラミング言語は、この本を読んで、かつ、自分で手を動かさないと無理だと思う。
    しかも、苦労して作った言語が、既存の世の中にある言語よりも役立つ可能性は、限りなくゼロに近いと思われる。
    DSLを作るという文脈では、役に立つかも知れないという意味で、価値のある本だと思う。
    少なくとも自分は、ふーんレベルで終わってしまった。。

  • 和図書 548.964/Ma26
    資料ID 2012103795

  • 分厚く、やや冗長な感はあるが、始めてオリジナル言語を作ろうという方にはお勧めの本だと思う。30日で作るOSとなんとなく雰囲気が似ている様な印象。

  • はてなのプレゼントで頂きました。 http://d.hatena.ne.jp/masakanou/20090911/p1

  • 「自分で、独自のプログラミング言語を作りたい!」という方のための本です。この本では、解析木実行型の型なし言語「crowbar」とバイトコード実行型の静的型付け言語「Diksam」という2つの言語を作る過程を体験しながら、プログラミング言語の作り方を学ぶことができます。日々増え続けるプログラミング言語の中に、あなた独自の言語を作って加えてみませんか?

全7件中 1 - 7件を表示

プログラミング言語を作るを本棚に登録しているひと

ツイートする