痛みと鎮痛の基礎知識[上]基礎編 ~脳は身体の警告信号をどう発信するのか (知りたい!サイエンス)

  • 51人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 小山なつ
  • 技術評論社 (2010年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774141572

痛みと鎮痛の基礎知識[上]基礎編 ~脳は身体の警告信号をどう発信するのか (知りたい!サイエンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "慢性痛とは痛みを感じられる個所に病理所見が見当たらない痛み。そしてその治療はその痛みに纏わる行動(嘆くとか薬を飲むとか)全てを減退させていくことから始める"…というところが文系脳にも面白かった。あとは難しい生物用語ばかりなのだけど、読み切りたい一冊。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:491.378||K
    資料ID:51000731

  • 現在わかっている痛みの原理を、情け容赦なく懇切丁寧に解説した本。専門教育を受けた人が、痛みと鎮痛の原理の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
    私は読むだけで必死でした。

  • 脳と痛みの関係。シナプスを通じての痛みの伝達。

全4件中 1 - 4件を表示

痛みと鎮痛の基礎知識[上]基礎編 ~脳は身体の警告信号をどう発信するのか (知りたい!サイエンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

痛みと鎮痛の基礎知識[上]基礎編 ~脳は身体の警告信号をどう発信するのか (知りたい!サイエンス)はこんな本です

ツイートする