「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

  • 753人登録
  • 4.15評価
    • (68)
    • (73)
    • (33)
    • (3)
    • (1)
  • 81レビュー
著者 : 小森裕介
  • 技術評論社 (2010年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774142357

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
たにぐち まこと
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良質な入門書。
    この業界で仕事してみたい人はまずこれ読むのがいいと思う。
    わからない所は飛ばしても構わないから、一度通読しましょう。
    一度読めば種を蒔くための地ならしとなる。
    他書は地ならしをせずに種蒔かせたり、コンクリに種蒔いたり…

  • 『プロになるためのWeb技術入門』小森裕介
    (レビュアー:エンジニア 福岡)

    ちょっとプログラミングができる人ならば最近は根本的な仕組みを知らなくても、Webアプリケーションの開発が出来きちゃいますよね。
    でも根底のWeb知識がないと、トラブルシューティングやセキュリティ対策に不備が出てきてしまうこともあります。
    この書籍はそんな不備をなくすために必要なWebの背景をとても理解しやすく説明してくれています。

    この本の良いところは、説明されてもいまいちピンとこないWebが動く仕組みをとても分かりやすく記述されているところだと思います。
    何故分かりやすいのかというと、その分かりにくいデジタルな部分をアナログな例で説明しているところです。
    例えばプロトコルを狼煙としたり、TCP/IPを郵便配達と例えたりしています。Webは目に見えない動きが多い為、身近なもので例えられることでスッと自分の中に吸収されました。

    また、技術書ではどうしても堅い文章が多いですが、この書籍は全体的に文章も柔らかいので、非常に読み進めやすいと思います。
    章もわりと細かく分かれているので、空いた時間の合間にぜひ読んで見てほしい1冊です。

  • WWWやJSPなどが誕生した経緯から丁寧に説明しているため、技術の考え方や理想としているものや問題点を、概念として捉えることができる。これから様々な枝葉を学んでいくに当たって、土台作りに最適の一冊だったと思う。

  • 大学1年生におすすめしたい

  • webアプリケーションについて、広く浅く説明している。
    説明が読みやすく、すらすら読めた。
    途中にあるコラムが面白かった。

  • Ruby on Railsは、初学者にとっても使いやすいフレームワークである。本書を読むことで、このフレームワークが作られるに至るまでの、情報通新技術の大きな流れが理解できたように思う。

  • 今度はwebアプリケーション開発の基礎をお勉強。割と平易な文章で、アナロジーや絵をを沢山使っているので分かりやすい。ほかの分野よりもアプリケーション層よりの話なので、馴染みやすかった。

  • IT未経験入社1年目でもわかりやすかった。Webアプリの全体像をつかめる本。

  • Webアプリケーションが動く仕組みをざっくり説明している。少し古いので、そのまま使えないが、概念の理解にはちょうどいいと思った。

全81件中 1 - 10件を表示

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのかに関連するまとめ

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのかの作品紹介

Webアプリケーション開発の「基礎の基礎」をしっかり学べる入門書。通信技術とソフトウェア開発技術の両面から、Webシステムのしくみをひとつひとつ確実に解説。

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのかはこんな本です

ツイートする