いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)

  • 11人登録
  • 1レビュー
著者 : 古賀良彦
  • 技術評論社 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774142609

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生のような正しい生活をするのが脳にはよい。
    運動は脳を健康に保つためにはとても有効な方法の1つ。
    ストレス耐性があるのは、身体の丈夫な人、考え方が柔軟な人、コミュニケーションがうまい人。
    自殺したいと思うのは軽いうつ病の時、重くなると何もできなくなる。

全1件中 1 - 1件を表示

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)を本棚に登録しているひと

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)を本棚に「積読」で登録しているひと

いきいき脳のつくり方 -臨床医が明かす”しなやかな脳”の科学- (知りたい!サイエンス 80)の作品紹介

精神科医として長い臨床経験から言えることは、脳のすごさはその柔軟性にあることです。心の背景にある脳の働きを探ると、脳の柔軟性を守り高めることは、心を健やかにし、生活を豊かにしてくれます。これからその具体的な方法を話しましょう。

ツイートする