統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側-

  • 218人登録
  • 3.31評価
    • (4)
    • (13)
    • (29)
    • (5)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 本川裕
  • 技術評論社 (2010年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774144252

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
チップ・ハース
有効な右矢印 無効な右矢印

統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 統計データを一目見ればすぐに理解出来るわかり易さが統計の醍醐味だと思います。また、皆が何となく気付いている事象を統計データに落とし込む事で、腑に落ちる効果もあると感じました。そして、そこから原因を考察し導き出すことで、各国または国内の文化的背景や政治政策が分かってくるので面白かったです。

  • 統計の作り方ではなく、読み方を実際の例をあげながら解説していく内容。

    難しい数式が出てこないので読みやすい。

  • 「ビジネス定量分析」での講師推薦書。
    相関図の面白さが詰まった1冊。典型的な相関図から、意味のある無相関、はずれ値の大切さ、について興味のそそられるグラフで紹介されている。

    もう一息だと感じたのが、文章のかたさ。。。しかし、著者の意図や本の目的は果たされており、定量分析を学び、ちょっと人とは違った見方をしたい、という人にはおすすめ。

  • 相関図から読み取れることの面白さ。取り上げられているデータが様々。国別比較、県別比較、男女比較、経済力や消費量、体型など、相関図にすると傾向が見えてくる。相関の有無、バラツキ、突出などグラフの意味づけも面白い。

  • 主に散布図と単純な回帰直線(単回帰)によって、統計分析をおこなっている。

  • 現在の経済を解説している本を読むのが好きですが、アメリカの学者にあるような文章ばかりのモノよりも、図表で伝えたいことを示している本を、より好んで読んでいます。

    その場合に棒グラフや経時折れ線グラフ以外にも散布図に出くわすことがあります。散布図はそれを描く場合に思想が必要だと思っていたのですが、そんな私にピッタリの本に出会うことができました。

    この本は単に散布図の書き方を解説しているのではなく、日本経済・社会の解析を散布図を使っている点が面白いです。特に、散布の集団から離れたポイントについて、なぜその場所に位置しているのかについて考察されている点が、この本のオリジナルであり役立ちました。

    私も仕事柄、図表をつくることが多いのですが、自分の意見が明確に伝えることのできる散布図を使ってみたいと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・データやグラフは、筆者が主宰しているウェブサイト(社会実情データ図録)をもとにしている(p4)

    ・因果関係を確かめたいとき、横軸に原因と見なせる指標をとり、縦軸に結果と見なせる指標をとる(p14)

    ・先進国としては、OECDの中で途上国への経済援助を行う国々の集まりであるDAC(開発援助委員会)としている(p21)

    ・横軸を対数目盛を使うのは、通常の目盛を使うとデータがゼロ方向に集中して見にくくなるから(p22)

    ・自転車泥棒犯罪は、一般的な正の相関家計からどの程度、乖離しているかで見るべき。つまり、自動車普及台数(人口100人当たりの保有台数)と、自動車泥棒被害率との相関をみて議論すべき(p29)

    ・相関図では、一般傾向と乖離したケースを「はずれ値」という、この乖離理由を明確に示せるかで図の説得力が増す(p36)

    ・1グラム1円理論というものがあり、モノの値段の評価基準となる(p100)

    ・因果関係を確かめる場合には、時系列データで、二つの指標のうちどちらが先行しているかなどの分析が必要である(p104)

    ・大正末と現在までの都道府県別の平均寿命分布の推移をみると、面白い傾向(地域間のバラつきが少ない)が見られる、日本の平均寿命の伸びがすごいのは地域格差を極限まで減らしている点である(p227,230)

    2014年6月8日作成

  • 授業のネタに使わせていただいています。Webサイトも充実していますね。

  • 社会の現象が色々な角度から統計で分析されていて面白く読めた。研究にとっても統計の馴染み感をつけるのに良かった。

  • 「社会実情データ図録」というサイトを基に書かれた本。
    サイトを見るとこれだけのデータが集まってるのか、とプチ驚きます。

    相関度の式の意味をもう少し前半で詳しく説明してあげた方が、見慣れていない人には良かったのかな、と思いましたが、いろんなデータを見てると国民性が見えてきたりして面白いです。

  • 元ネタとしてつかえそうな統計がいろいろ載ってます。

全22件中 1 - 10件を表示

統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側-を本棚に「積読」で登録しているひと

統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側-はこんな本です

ツイートする