ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)

  • 46人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 田中真知
  • 技術評論社 (2011年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774146485

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)の感想・レビュー・書評

  • われわれの脳は、覚えられないのではなく、忘れることができるのだ。正確に記憶できないのではなく、まちがえることができるのである。

    記憶に関する様々を網羅し、有名事例だけでなく映画の紹介、コラムと、これ1冊でお得な本です。

  • ながらく積ん読状態にあったがようやく読了。真知さんの暖かみのあるわかりやすい文章によって、記憶や脳のことが語られる。これを読んで、電子ではなく紙の本のほうがすぐれてると思わされた。記憶するための要素が神に比べ、電子は少なすぎるのだ。

  • 本書は1960年生まれの科学ライターが2011年に刊行した、記憶について初歩的な知識を易しく説明したもの。中学生以上なら四、五時間あれば読める。

    (感想)
    個人的に目新しいものはなかった。心理学の概説書にある「記憶」の項目を詳しくした感じ。

    (メモ)
    ・著者と大村正樹氏のラジオ対談を見つけた。
    「人間の脳と記憶」(1)――文化放送 2011.10.15
    http://www.joqr.net/science-kids/backnumber_111015.html

  • ①記憶法の具体的な方法は?
    ・あきらめず思い出す努力
    ・覚えている間に復習
    ・レム睡眠中や集中時に出るシータ波を出す
    ・カフェイン○→海馬の神経細胞を刺激
    ・アルコール量↓
    ・覚えたら寝る
    ・読書は関連のあるものを読む
    ・メモを取らないで覚えておく意識き

  • 記憶について考えた
    人間の記憶力は自分で鍛えれるなと感じた、
    アインシュタインの言葉
    「教育とは学校で習ったことをすべて忘れてしまったあとに残っているものである」

全6件中 1 - 6件を表示

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)の作品紹介

忘れ、間違えることで記憶は作られる。記憶にとって間違えることは良いことなのである。脳が長年かかって獲得した記憶の能力は生きるための脳の戦略でもある。この記憶を理解することは人間を深く理解することでもある。

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)はこんな本です

ひとはどこまで記憶できるのか ―すごい記憶の法則― (知りたい!サイエンス)のKindle版

ツイートする