Webエンジニアのための データベース技術[実践]入門 (Software Design plus)

  • 393人登録
  • 3.85評価
    • (15)
    • (30)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 松信嘉範
  • 技術評論社 (2012年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774150208

Webエンジニアのための データベース技術[実践]入門 (Software Design plus)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • MySQL をベースにしている部分が多いですが、概念自体は他のDBを使っている場合でもそんなに違いはないはずなので、他のDBを使っている人にもおすすめです。

    「Webエンジニアのための」とのタイトルだし、一応対象はWebエンジニアなのだと思われますが、業務アプリ作っている僕にとっても有用でした。

    「入門」というタイトルの割には、ちょっと高度かな?という気もしなくもないのですが、ただこの内容をマスターしただけでは実際の運用はできないわけで、やっぱり「入門」なのかな、と思います。(たとえば、バックアップのやり方を何通り知っていようとも、実際のプロジェクトで適用してそのプロジェクトなりのベストプラクティスを作らないと意味ないでしょう?そういうことです)。

    各トピックは高度な内容にふれつつもバランスよくまとまっているので、ここに書いてあることを出発点にして色々出来るようにしたいですねー。

    amazon のレビューとかみてると、なぜか評価があんまり高くない(平均3)のですが、何故なんでしょうね?初心者が「初心者用の入門書」と勘違いしてるのかなー?

    MySQL の DBA してる人は必読、それ以外のDBA やアプリケーション開発者も読んでおいた方がよい、くらいの良書だと思います。

  • 請求記号 007.6/Ma 84

  • なかなか、良かったです。データベースは奥深い

  • 著者がMySQLに詳しい方であることもあり、MySQLに解説の重心はよっている。MySQLを業務に使っている人間にとっては非常に参考になる。

    データモデリングから運用を行う際に気をつけるべきこと等幅広く実践に使う際に必要な知識を仕入れられる。

  • 会社の読書会で読んだ。
    図もそこそこあるし、SQL文の例もあるので、じっくり読むと良さそう。
    ただ、他の簡単なSQLの本とか読んで、SQLの書き方とかをサクッと学んだ後のほうが意味がより分かるようになるから、そうした方がいいかもしれない。

  • データベースって大学の講義等で勉強する時はいきなり正規化!って始まってあっという間にわけがわからなくなりましたが、本書はデータベースってなんで必要なの?この機能なんのためにあるの?といったところから丁寧に説明をしてくれるので大変オススメです!

  • 最近は、本当によい設計とは何かということを考える機会に本当に恵まれている。

  • 内容はMySQLの話が中心で書名と内容に乖離があるが丁寧で分かりやすい本だった

  • 非常に面白かった。

    全体的にデータベースに関する知識をまんべんなく網羅しているせいか、深堀りした内容までに踏み込んでいないものの、復習としては非常に良い内容だった。

    インデックスの仕組みとか改めて、勉強になったし、レプリケーションなど種類やメリット、デメリットなども簡潔にまとめられていて、勉強になった。

    6時間くらいあれば読めるので、軽く復習したい人にはオススメです。

  • 前評判と、 MySQLの内容が書いてあるってことで、もう少し踏み込んだ内容を期待したんだけれど。
    運用の人は必須かも。

全31件中 1 - 10件を表示

松信嘉範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

Webエンジニアのための データベース技術[実践]入門 (Software Design plus)はこんな本です

Webエンジニアのための データベース技術[実践]入門 (Software Design plus)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Webエンジニアのための データベース技術[実践]入門 (Software Design plus)の作品紹介

本書は、データベース技術のトレンドを整理して体系的に解説することで、本質面での理解ができるようにすることを目指した書籍。本質面での話とMySQLの具体的な話を織り交ぜることで、より理解を深められるような構成となっている。

ツイートする