ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

  • 1291人登録
  • 3.79評価
    • (94)
    • (161)
    • (102)
    • (29)
    • (6)
  • 201レビュー
著者 : pha
  • 技術評論社 (2012年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774152240

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法の感想・レビュー・書評

  • ニートとして生きるためのガイド。
    保険どうする?とか収入をどうするかとか。
    インターネットは重要だよね。
    でもコミュニケーション能力と向上心も大事だよと言っている。
    ただ、この人基本的には働ける人であって、その能力がある人なんだよなと。

    他のもだいたい賛同できてしまうので私はニートに向いているんだとは思う。
    ちなみにニートチェックは12個。
    汚い環境で生きられない健康じゃない人はニートに向いてないのか否か?
    猫とか小さい生き物を飼うのも面倒くさいんだけどな。
    まあそもそもアレルギーあるから無理だけど。

    働かなければいけないというのは高度経済成長期に作られた常識だから変えてもいいんだよってこういう考え方はすごい好きだ。

  • 面白かったです。シェア・ハウス自体、自分には無理ですけど、こういう生き方もあるのかと啓発されました。

  • it's a break through! neats be ambitiou! life of the neats, by the neats, for the neats!Σ(×_×;)!i want to read...

  • 就活を2か月後に控える中読んだ。
    働くというシステムは社会に絶対に必要であるわけではないと語る内容だが、働こうが働くまいが自分の望む生活について(言い方は好きではないらしいが)ある程度向上心を持って生きるのがよいとも書かれてあった。
    将来について何も考えたくない自分には少し考えさせられる本だった。

  • 「しないことリスト」を読み興味を持ったので、本著も読んでみた。しないことリストより、著者の生活や人生、価値観について多く書いてある。本著にはベースとなる価値観、しないことリストには、その価値観から生まれた考えが書いてある。
    本著の中では、一般的な価値観やルールは多数派の人が作ったもので、その多数派の人に最適化したルールになっている、ということが何度も書かれている。この考えが著者の考えの根っこになっており、著作で書かれている様々な考え方はここから始まったのではないか。
    他にも、ちょっとしたお小遣い稼ぎの方法や本も紹介されているので、著者の人となりに興味を持った人にはオススメである。
    似たような本に、「20代で隠居」というものがあるが、この本の著者大原さんとはけっこう日常生活が違っている。大原さんの場合は規則正しい日常生活に友人が少数、というスタイルになっている点が著者と正反対で興味深い。
    ちょっとしたことだが、ページ数が読みづらく引用ページを記入する際に苦労する。

  • 働くことに対して疑問に思ってたこと、不満に思っていたことについて漠然と思ってたことについて代弁してくれた。
    もっとゆとりをもって生きていけるシステムは自分でも模索していきたいと思った

  • ニートのこれからとか、読みごたえがあって、共感出来るところがあるなぁ。「普通に生きてる」つもりの人も、色々あることを、こんな感じで見直したり感じ直せると、新鮮では!

  • ずっと気になっていただが、何か引っかかってずっと手に取らず過ぎてしまっていた本。
    でも、読み始めたら一気に読んでしまった。もっと早く読みたかった。

    コミュニケーション苦手なニートでもコミュニケーションが大事、という話や、その例として社会的動物とネットワークの話が心に残った。
    たくさんある紹介本も読んでみたいと思った。本を読むのは図書館を使えばお金はかからないし。
    日本にはそういう無料の娯楽が充実していて、それを楽しめる自分はニートに向いてる人間なんだろうなぁ、と感じた。ありがたいことだ。

  • 【No.127】「人生なんて、天気の良い日にぶらぶら散歩して、美味しいごはんを食べて、ゆっくりと風呂にでも浸かれば、それで幸せなものなんじゃないだろうか」「人としゃべるのが苦手だし、人と一緒にいるとすぐに疲れる。予定を守るのが苦手で、決まったスケジュールや締め切りが入っているだけで苦痛を感じる」「リアルでは言えないような、マニアックな話、偏った考え、特殊な趣味、異常な感情などを吐き散らすべきだ。それは99.9%の人間には理解不能なものとして眉をひそめられたり、気持ち悪がられたりするかもしれないけど、全世界で何百人か何千人かは絶対に共感してくれる人がいる」「世の中で一般的とされているルールや常識や当たり前は、世の中で多数派とされている人たちに最適化して作られている。少数派がそんなアウェイな土俵で戦っても負けるだけだ」「頑張って一般に合わせようとしても無理だ。周りから変人だと思われることを気にせず、自分なりの独自の生き方を切り開いていくしかないのだ」「自分の中の”これはおかしい””これは嫌だ”って感覚や直感を押し殺してはいけない。悪い場所からは早めに逃げよう。身体感覚に気をつけるのも大事。例えば、体調を崩すというのは体から貴重なシグナルだったりするので、しょっちゅう体調を崩しているときは、自分が今抱えている何かを見直してみるべきだ」「もし自然に何もしたくならないときは、精神のバランスを崩していたり、肉体が疲れていたりするときなので、そういうときは可能な限り何もせずに休んでいればいい。回復して余裕ができれば、自然に何かをしたくなってくるはずだから」「体と精神は連動している。リラックスした柔らかい体からしか、良い発想は生まれないし、こわばった体をそのまま酷使していると、だいたい風邪を引いたり倒れたりしてしまう」

  • 必ずしもみんなが会社員にならなくてはいけない訳ではない。世間体は気にするな。今はソーシャルネットのゆるいつながりを使って生きていける。海岸近くの小さな村に住んで、陽が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子供と遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて歌を歌って過ごせたら、十分幸せなんじゃないだろうか?

  • 図書館で借りる。ニートになる可能性があったので読む。なんか心が軽くなる一冊。

  • ・インターネットを使ってもっと気の合う人や趣味の合う人と関わりを作って,居場所を緩く多く持っておく
    ・人には適性がある.世間に一般的とされているルールや生き方はそれが苦痛でない多数派の人向けのルールに過ぎない.自分に向いている場所を探す為に今いる場所から逃げることは悪いことではない.
    ・今ある自分はその時々の環境や状況の組み合わせ,順列に過ぎない,もっと気楽に生きていいのだ.
    ・集団から個体だけにフォーカスして見ることはナンセンスである.天才もクズも犯罪者も同じ社会の雰囲気から生まれたら自分と共通するものを持った何かであるからだ.たまたまその役を引き受けただけだ.決して無関係ではない.

  • なにごとも頑張りすぎない

  • こういう価値観もありだな。

  • フジテレビのザ・ノンフィクションで見て以来何故か気になる京大卒ニートPhaさんの著書。いわゆるニートとはちょっと違う気がしますが、ニートの生活、収入といったものが書かれています。こういうのんびりした生き方というのも一つの生き方としてあるんだろうな、と思いました。

  • ニートとして生きる覚悟がハンパない。

  • ニートである作者が書いた、ニートとして生きる本。
    この人が出した「持たない幸福論」を読んだ時も思ったが、自分の意見を押し付けようとする雰囲気がないのがいい。
    ・世間が普通とする生き方は僕には向いてない。
    ・人にはそれぞれ向いた生き方があるんだ
    ・働きたいときは働き、休みたいときは休める世界ならいいのに。
    といった感じだ。皆がそれぞれ余裕を持った生活ができること、それが作者の望みなのかなと思う。

    この作者の生き方は万人向けではないと思うし、作者自身もそう言っている。
    それでもそういう生き方もありなんだというのは、苦しんでいる人には救いになりうるんじゃないかなと思う。

  • この著者のような生き方にすべてに賛同するわけではないが、このような生き方、そして考え方はとても大事なんじゃないかなと思います。少なくともこういう考えの人たちが今の世の中にはいるということを知る為にも良い本だと思います。

  • ニートの生き方を書いた本。

    だが、他の書評にもあるが、この人は一般の「ニート」とは程遠い。この行動力があれば大抵のことはうまくいくと思う。

    全体的に共感できる部分も多いが、やはり所々に「クズ」の論理が散りばめられてるのが残念だ。

    「義務」は無視するが、「権利」は主張する。
    お金や物は貰うが、平等に扱ってほしい。
    ネットやインフラ、ゲームに本などの頑張って「働いて」作った人の功績は享受するが、
    自分は向いてないので、働かなくても良い。など

    こう考える理由は著書内にあったが、到底、本当にその通り!とはとても言えない内容だった。
    結局、働かない理由を正当化するための「言い訳」にしか聞こえない。

    個人的に頑張ってる人は無条件に好き。何かを為すために人生はあると思ってる、恐らく著者とは考え方が正反対な人間なので、そう感じただけかもしれないが。

    どうしても「働く」ことが苦手な人間はいるものだし、そういう人の生き方を模索していく著者の意見にはとても共感できた。

    世の中が豊かになればなるほど「ニート」は増え、その存在を無視することができない以上、著者には新しい「ニートの生きる道」を更に模索していって欲しい。

  • 思っていたよりも良かった。

  • 社会の木枠の中に収まれない人間は必ずいる。そんな人たちは死ぬしかないのか?いや、生きていて良いはずだ、それも楽しく。今までいかに自分が社会以外=悪という感性に縛られていたかを実感した。そうだよねぇ~、生きてさえいればいいのよ人間なんて。ネットの活用法も興味深く、今後は積極的につぶやいていこうかなぁと思う。

  • ニートに関する考察は非常に興味深い。人類全体を捉えたらニートもその構成の一部であるに過ぎず、必要悪であるとか、そういう視点もあったかー!という感じ。

    自分自身、フリーランスなのでこの本にある感覚ってそんなに驚くような感じではないんだけど、ゴリゴリのサラリーマン気質の人が読むと、新しい世界が開けるのかもしれない。

    ニートって仕事の殆どないフリーランスと一緒でしょ?っていう下りには笑ってしまった。その通りかも(笑)

    全体を通して思ったのは、ニート(といっても色々なスタイルがあると思うけど)の暮らしぶりは”ゆるーいホームレス”みたいな感じだなと。

    著者は現在30代ということなので、今後10年おきくらいにニート生活を発表して欲しい。ニートで一生を終えるという新たな領域へと踏み込んでほしい。

    ・・・とかいいつつも、ニートっていう言葉が出来ただけで、その昔から仕事もしないでブラブラしている人はいた訳で、そんな人が市民権(発言権)を持てる時代になっただけなのかなとも思う。

  • phaさんみたいな人がいることは日本の希望だと本気で思う

  • 【感想】
    いい意味で毎日、頑張らないで生きることを肯定する本。もっと自由で自分らしく生きようと思った。

    【概要】
    入社数年で会社を辞めてニートになった京大卒のphaさんが書いていた、「仕事嫌だ」「働きたくない」というブログがネットで話題になってそれが本を作るに至ったものだ。

    働くのが嫌なら働かなくてもいいし、お金がなくてもネットで人とつながったり時間が潰せたりするから十分だし。

    ニートの生態系(暮らし)を知るというよりも、肩の力を抜いて生きることを推奨する本だ。

    【面白み】
    そもそも「働く」「生きる」系の本が世の中に多くある中で、「働くのがだるい」「ニート」という視点が卓越的である。

    そこから生まれるエピソードや表現、例えば

    ・あの職場で何千回スパイダソリティアをプレイしただろうか
    (就職後は8時間勤務のうち2~3時間で1日の仕事を済ませて、後はPCでスパイダソリティアとかをプレイして仕事のふりをしていたこと)
    ・「お金を稼ぐには働かなけれないけない」という事実に納得いっていないというのがある。憎悪していると言ってもいい。

    つい笑ってしまう内容が散りばめられている。

    一方で、社会主義と資本主義、ソーシャルネットワーク、クラウドファンディングといった歴史や思想、最新のトピックなどの広い知識とともにオリジナリティのある発想が飽きさせない。

全201件中 1 - 25件を表示

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法に関連する談話室の質問

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法に関連するまとめ

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法はこんな本です

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法のKindle版

ツイートする