Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

  • 496人登録
  • 3.75評価
    • (22)
    • (52)
    • (38)
    • (7)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 和田裕介
  • 技術評論社 (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774154077

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
J・モーティマー...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)の感想・レビュー・書評

  • プログラミング書としても、Webサービスの企画ノウハウ書としても、初級者向けの内容を一通りさらったような内容。

    個人的にはフロントエンドの知識には長けているが、サーバーサイドの知識はまだ勉強中のため、参考になる部分が結構あった。キャッシュの話とか。

    文章は平易で読みやすいため、これからWebサービスを作ろうと思っている人や、Webのディレクター職の方にオススメ。

    - Webサービス作ったことで有名になり、受託仕事も多く来るようになった。
    - 3回同じことを繰り返したら、それはライブラリすべきものだ。
    - ブログはやっぱいい。技術ネタとか書けばシナジーも見込める。

    「Webを支える技術」は合わせて読みたい。

  • アプリケーションは、リクエストに応じてHTMLやJSONなどを動的に配信します。これらを動かすのが「アプリケーションサーバ」。
    たいていメモリやCPUリソースの消費が高い。静的なコンテンツを配信するのは、無駄。
    フロントエンドサーバは一つの解。
    まず、すべてのリクエストをフロントエンドで受ける。
    静的コンテンツの場合、ファイルをそのまま配信。
    動的コンテンツの場合はアプリケーションサーバに一度アクセスして帰ってきたHTMLなどを出力する。アプリケーションサーバが増えてきたときには、リクエストを振り分ける。(リバプロ)
    nginxが最適。(8080番ポートでアプリケーションサーバが起動しているのが前提)

    それはどこのパフォーマンス問題?
    1.バックエンド アプリ部分のリクエストを処理する際の性能
    2.フロントエンド アプリ部分以外のページ全体を構成するパーツ群の配信性能
    3.クライアント ページ全体を描画する際にクライアントにどれだけ負荷をかけるかの性能

    クライアント <->フロントエンド(nginx) <-> アプリケーションサーバ
    (静的ファイルの配信 ) | (アプリを動かす動的コンテンツ) リバプロ
             memcached (バックエンドでキャッシュ処理)

  • その名の通り、Webサービスの作り方を説明している。

    2章の企画項はWebサービスを作りたい人なら、参考になる部分があると思う。

    それ以降の項は、perlを嗜んでいる人なら試してみたいツールが多いのかもしれないが、他の言語を学習中の人は概要だけ読んで、具体的なソースコードは読み飛ばしてもいいと思う。

    あと、2012年出版の本のため、CSSフレームワーク(bluetrip)のHPは閉鎖されていた。。

  • ものすごい駆け足でWebサービスのつくり方をご紹介。
    心構え→下準備→企画→設計→開発→運用→プロモーション

  • 請求記号 547.48/W 12

  • 企画で大事な事
    ①哲学
    ipod⇨音楽が好き。なぜ音楽を楽しむ必要があるの?とか、論理的な理由は不要。

    ②アイデア
    哲学を叶えるための具体的なアイデア。
    これが欲しい、という気持ち。
    ・持ってる曲を全部持ち歩きたい
    ・販売サイトで買ったらそのまま同期する
    ・コントローラーは必要最低限の操作だけ。

    ③テーマ
    哲学をより具体的にした勝負する領域。
    アイデア出しで固まっていく事が多い。
    ipodの場合は携帯音楽プレーヤー

    ④コンセプト
    アイデアが出て、テーマも決まったらな、作るもののイメージが浮かぶはず。
    それを一言で表したものがコンセプト。

    ipod⇨専用の音楽ソフト経由で所有する曲すべてを持ち歩ける携帯型音楽プレーヤー

    説明する際には、テーマ⇨コンセプト⇨アイデア


    ⑤名前
    仮でも良いから決める

    ⑥デザイン
    コンセプトやアイデアを洗練させていくと、無駄なものが落とされ、サービスの最低限の機能が出される。
    ユーザーがどう使うかを検討していく。

    ⑦内部設計
    どうやって実装するか。

    ---
    アイデアの発想法
    既存のものを組み合わせて新しいものを作る事。

    ①アイデアの元である要素を集める
    ②資料を噛み砕き、組み合わせの検討
    ③アイデアを組み合わせて、これだ、というものをまつ
    ④アイデアを見つける
    ⑤手を動かして作る。


    CSSのフレームワーク
    blueprint
    960.gs
    bluetrip
    yui css
    inuit.css
    twitterbootstrap
    jquary ui css framework
    less framework



    ーーー
    リリース
    ▫︎▫︎のために、△△ができるサービス⚪︎⚪︎

    ▫︎→ユーザーからみた、サービスへのwhyの答え。なぜそのサービスを使うのか、▫︎のためです、と答えられるように。
    ⚪︎→サービス名。
    △→サービスに対する、whatの部分。何ができるから。


    リリース日は平日。
    メディア稼働時間に。

    朝一の出勤まで、または夕方の掲載狙いで昼までに。


    itmedia
    japan.internet.com
    cndt japan
    マイナビニュース
    techcrunch japan
    techwave

  • 新規サービスを考えるための足がかりとして第二章の企画についてだけ読みました。

    企画に必要な7項目
    哲学:揺るがない気持ち
    アイデア:個別の具体的なアイデア
    テーマ:哲学を具体化した勝負する領域
    コンセプト:テーマに沿ったアイデア形成の骨格。一言で表したもの。
    名前:サービスの名前
    デザイン:モックアップ、UIのイラスト
    内部設計:データモデル記述、アーキテクチャ図をかく、ユースケースを書くなど

  • エッセンスを簡潔にわかりやすく書いてあり、読みやすい。筆者がどれだけ「マネタイズ」できているかわからないけどカッコいい!憧れる。

  • お世話になっている人も多い?笑ゆーすけべー氏の著書。プログラミング入門的に開発フェーズを扱う本は数あれど企画からプロモーションまで幅広くカバーしている本はなかなか無い。でもやっぱり一番心に刺さるのは"Shut the fuck up and write some code."である。

  • 「ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、ハゲ」
    「いかにして大量のおっぱい画像をダウンロードするのか」
    「全裸で学ぶMVC事始め」

    なかなかタイトルからは想像できないフレーズばかりですが内容は至ってまとも。Webサービスの企画、設計、開発、運用の流れを著者の実際に運用しているサービスをベースに解説している。 具体的なコードはPerlがほとんどをしめているのでPerlを知ってるとより良い

  • マーケティングからエンジニアリングまで、著者の主観的なテーマでまとめられた一冊。個人でウェブサービスを作っていくことを考えている人にとってはすごく良書だと思います。

  • 丁度ウェブサービスを作ろうと思い立っていたので読了。構想から立ち上げ、メンテナンスまで必要な作業を33のエッセイ形式で説明している。ある程度のプログラミング知識を持っている事が前提に書かれているため、自分にとっては流し読みしてしまう部分が多かった。が、今後の作業のヒントと成り得る部分も多かったため一概に無駄とは言えなかった。

  • タイトルそのまま。サンプルも結構ある。Perl を勉強しようと思い立った本。

  • 和田祐介"Webサービスの作り方"を読む。

    学生時代からプログラマとして鳴らした、著者ゆーすけべー氏がWebサービスの設計、企画への思いを語ったもの。

    Pha"ニートの歩き方"で絶賛されたことも記憶に新しい。

    "大量のおっぱい画像をダウンロードするためのプログラム"を書くなどして実利的に学ぶスタイルだが、とにかく前書きにその精神が凝縮されている。

    "ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、ハゲ"

  • 思ってたよりも専門的な内容。
    教養として、普段Webサービスを作る人はどんなこと考えて作ってるのか知っておきたい、生態系を知りたい、と思い読みましたが、技術的なところでハードルが思っていた以上のものでした。

  • 結構、コードとかが乗ってる感じ。

  • Web業界に入ったばかりの方や、Webに関わる方(エンジニアに限らず)におすすめです。
    Webサービス開発について全般的にひと通り紹介されているので、全体的な流れが俯瞰しやすいです。

    まったくシステム開発をしたことない人には、専門用語が多いので最初はとっつきにくいかも。
    気になった用語は片っ端から調べたり、類書を読んでみると良いと思います。

  • 20130510 初心者向けの部分と専門的な部分があるが基本的なところは学習できると思います。

  • たしかにエッセイだった。

  • Webサービスを作るのに必要な作業を段階ごとに説明してくれている。

  • スラスラ読めて、良くまとまっていて、中身も面白かった

  • ゆーすけべーさんこと和田裕介さん著。なんかクリエイティブなことやってみよう、とか自分でWebサービス作ってみようかな、とかモチベーションを高めてくれる本です。備忘録的にメモしておきます。

    ・『ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、ハゲ』ということです。口で意見を言ってるだけじゃなくて、今の時代誰でもちょっと勉強すれば一人でも作れるんだけら、自分で簡単なレベルでも人に見せられるものを作ってからモノを言えよ、という教えです。

    ・PHPはプラモデルで、Perlはレゴ。
    フロントエンドはHTML/CSS/JSで決まりだけど、バックエンドはフルスタックなWAF(Ruby on Rails, Python Django)から学ぶにしても、WAFでないもの(Ruby Sinatra, Python Flask, Perl Mojolicious)も経験してみてはいかが?

    ・企画は7項目を決めること。
    1.哲学(企画のきっかけとなる想い)
    2.アイデア(既存の要素の組み合わせ)
    3.テーマ(Battlefieldを決める)
    4.コンセプト
    5.名前
    6.デザイン(見た目のデザインだけじゃなく)
    7.内部設計

    ・Webサービスを創る上での5つのリスク
    1.技術リスク(今できなくてもネタは貯めておけ)
    2.スキルリスク(これは勉強しろ)
    3.リソースリスク
    4.政治リスク(業界の力関係とか)
    5.法的リスク(著作権、個人情報、APIの規約違反)

    ・TDD(Test Driven Development)でいこう。TAP(Test Anything Protocol)は、Perl以外にもRuby/Bacon, Python/PyTap, JavaScript/Qunit Tapがある。

    ・CSS Frameworkを使うと簡単にDesignがそれなりに出来上がる。できればここに挙げたもの以外に自分なりにCSS Frameworkを作っておくと素早くサービスを出すことができる。
    (Blueprint, 960.gs, Blue Trip, YUI CSS, inuit.css, Twitter Bootstrap, JQuery UI CSS Framework, Less Framework)

    ・リバースプロキシや静的ファイル配信には、フロントエンドサーバとしてApacheだけでなく、高速軽快なnginxも検討に入れよう。

    ・監視ソフトは、Cacti, Munin, Zabbix, Nagios, Monitが有名だが、インストールが大変なので、PerlライブラリのCloudForecast(リソース監視)、App::MadEye(死活監視)を使っている。

全57件中 1 - 25件を表示

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)に関連するまとめ

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)を本棚に「積読」で登録しているひと

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)の作品紹介

つくりたい人に捧げるWeb開発とその周辺

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)はこんな本です

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)のKindle版

ツイートする